タグ: 中学校

DE9A538F-189B-40E3-B2F6-46164EA85A14春、田植えが初めての子どもたちが植えた苗、
うまく育ってくれてるかな~と、
ときどき田んぼの様子を個人的に見に行っていました。
でもそんな心配は無用だったようで、小さかった苗は、
どんどん大きくたくましく育っていってくれていました。
そして季節は過ぎ、先日、稲刈りを済ませました。

時期が近づくと、伝統的な稲刈りの方法について学んだり、
刈った稲をまとめて麻紐で結ぶ練習をしたり、
と準備を進めているようでした。
しかし、何かの手違いで、稲刈りは済んでいました。
本当に悲しい手違いでしたが、
角の部分や雨や台風で稲が倒れてしまった箇所は、
刈らずに残されており、そちらの稲刈りをすることにしました。

そんな状況でも子どもたちは元気で、明るいです。
それぞれ鎌を手に、倒れた稲を助けるかのように
丁寧に自分たちが育てた稲を刈っていました。
稲によく似た雑草も生えていたので、
それと区別しつつ稲だけを刈っていきます。
子どもたちが育てた大切な稲です。
倒れた中からできるだけ多くの稲を刈ってあげたいと
私も思いました。

刈った稲は、練習したように束にして紐でしばって
ブルーシートに積んでいきます。
どんどん稲束は増えてゆき、思ってたよりは
かなりたくさんの稲が収穫できました。
「けっこうたくさんになったね~」と
子どもたち、先生ともに私も嬉しくなりました。

田んぼに残った藁は、現在進行中の家づくりの土壁に
使用するため、こちらもたくさん集めました。

学園に持って帰った稲を、これも自家製のはさがけに
掛けておきました。
このまま天日干しして、その後は脱穀、、、。
担任の先生も言われていましたが、美味しいお米を食べるまでには
まだまだやることがあるようです。

新校舎のすぐ隣に置かれた、はさがけに吊るされた稲束を見ると、
何故だか心がほっとします。なんだか懐かしい、安心がある。
学園の子どもたちもみんな同じような気持ちになっているのでは、
と思っています。

(4年 生徒父)

78CAA4BF-FEAD-45E8-A2BD-EBE6BC9889AF10月に行われた秋祭りでは
6,7年生が和太鼓演奏を披露しました。

秋祭りに向けて練習が始まった頃、
娘が「私、先生みたいに美しく演奏したい」と言いました。
和太鼓の先生は、
例年学園がお世話になっている
和太鼓ユニット 光の羽田先生です。
<和太鼓ユニット 光 →http://www.kokikaku.com/

娘が言うには、羽田先生の演奏する姿は、
バチの先まで意識が行き届いているのが分かり、
とても美しいそうです。
「どうしたら先生みたいに演奏できるかな」
「姿勢に気を付けてみたら良いのかな」と言いながら
本番までの練習に取り組んでいました。

そして迎えた秋祭り当日。
和太鼓の演奏はオープニングとお昼の2回でした。
お昼の発表では、羽田先生も篠笛とともに登場!
力強い和太鼓と篠笛の澄み切った音色は、
秋祭りにふさわしく、秋の空に響き渡りました。

秋祭りを無事に終え、
娘は「練習より本番の方が上手くできたよ。
またやりたいな~」と
言っていました。

学園では下級生の子どもたちが
「わっしょい!わっしょい!」と、
さっそく和太鼓ごっこを繰り広げ、
5年生の子どもたちは
「次は僕たちの番だよね」と
張り切っています。

こうして代々受け継がれていく
行事があることは
素晴らしいことだなーと思いました。

和太鼓ユニット 光の羽田先生、
今年もご指導ありがとうございました。

(7年 生徒母)

1194D140-96AE-459F-94AA-EE510905016C100周年のイベントの一つとして9月15日に
東京賢治シュタイナー学校で行われた全国の保護者の集いに
参加してきました。

初めての全国保護者大集合。
始まりの「出会いの時間」から熱気と一体感に包まれていました。
壁の年表上に日本のシュタイナー教育の歴史が用意されており
各校の歩みを貼り足しながら代表が思い思いのプレゼンをしました。
その中で、驚きのトピックが貼り出される度に大盛り上がりでした。

その勢いで様々なテーマのワークショップや語り合いをする分科会に
散っていきました。
私は「運営・資金作り」について話し合う集まりと
「オイリュトミー」の体験会に参加しました。

「出会いの時間」で愛知は、今年9月に新校舎を完成、
来年に2棟目の完成を目指すので資金が何しろ課題!!と
アピールしたように、資金面でまだまだ課題を抱えている愛知と
同じように苦慮している他校もありました。
どこも資金作りは手探り状態で愛知と大差なく、
お互いの情報を必要としていることが分かりました。

オイリュトミーは、体験してこそということが改めて分かる経験でした。
ダンスでも、体操でもなく、感情を動きで表現し、
そして自分と全体を調和させる。
小さいころから自分の感情と向き合い、その上で
回りと調和するこのような体験を日々の授業で繰り返す。
その影響は計り知れないと実感できました。

各分科会で保護者の方々と話し、夕食と夜の時間を一緒に過ごして、
我が子をシュタイナー学校に通わせることが出来ていることの
素晴らしさを再確認できました。

12年生を終えた姿が今まで以上に楽しみになりました。
このような集いの場を1年間かけて企画してくれた
東京賢治の教員・保護者の方々の熱意と行動力に心から感謝します。

(8年 生徒父)

子どもたちが楽しみにしていた新校舎である南棟での学びが始まりました。
0AFBC9FB-807C-4171-BDB7-5E461E3DC17E美しく設えられた教室を見ながら、
保護者である私たちも一人ひとり、
それぞれの想いを胸に迎えた新学期でした。

夏休みに行った教室の設えは、壁塗りから始まりました。
そしてカーテンはそれぞれの教室に合わせた色に生地を染め
手分けしてミシンで縫いました。
お父さんたち率いる大工部はロッカーや下駄箱づくり。
ランプシェードの制作は子どもたちに多くを頼りました。
暑い日が続く中、教員、保護者、子どもたちと、
学園総出で取り組みました。
特に、高等部の子どもたちの活躍ぶりは見事でした。

皆さまのあたたかいご支援に感謝いたします。
引き続き、北棟建設に向けて資金活動をしていきます。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2学期は公開イベントが盛りだくさんです。
新校舎もご覧いただけますのでぜひお越しください。

秋祭りのお知らせはこちらから→『秋祭りと学園見学会』

(新校舎プロジェクト 担当保護者)

906D07D0-C80C-475F-A47A-5BB90D6534F1愛知も朝晩過ごしやすくなってきました。
新校舎は床の養生が外され、木の床が露わになりました。
裸足で歩きたい衝動に駆られます。

壁の色塗りが終わり、その他の内装に取り掛かりました。
ランプシェードを作る者、
壁の色に合わせて染めた布でカーテンを縫う者、
彫塑の村上先生は、カーテンカバーに彫刻を施しています。
建具屋父ちゃんが、全てのカーテンレールに
カバーを付けてくれました。
しかもこのカバー、手前に上がります!
お陰でカーテンを掛けやすい!
下駄箱も完成し、今日は父ちゃん'sが
下駄箱前のザラ板を完成させました。
BA48C60C-5048-4504-9396-FAD6C7E1414C(愛知では下に敷くすのこをザラ板と言うのです。)

木の香り漂う新校舎で作業をしている事が夢のようです。
ここまでご支援くださった皆様に感謝しています。

南棟が完成しました。
次は北棟建設に向けて引き続き資金集めをしていきます。
北棟には教室と職員室とオイリュトミーホールが入ります。
南棟だけではすぐに教室が足りなくなり、北棟建設は必須です。
引き続き、温かいご支援をよろしくお願いします。

(新校舎プロジェクト 担当保護者)
Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.