カテゴリ : お知らせ

IMG_6664

こちらの写真は、3年生が自分たちで刈ってきた羊の毛を、手仕事の授業で洗っている時の様子です。
思えば、我が家の子どもたちが子ども園に通っている頃、年長さんだけが残る日が週に1回あって、羊の毛を洗って染めて、毛糸にしていたなーと、この写真を見て思い出しました。
その「うめの森ヴァルドルフ子ども園」に入れる日が今週ありますよ。

オープンデー
9月24日(日) 11:00~14:00

場所は名東区の牧野が池緑地すぐ近くのうめの森ヴァルドルフ子ども園にて。

詳しくはこども園のホームページへ
↓ ↓ ↓ ↓ 
https://www.umenomori.org/

恒例の人形劇の他、
先日の子育てフェスタでも並んでいました、色とりどりの布や素晴らしい木工品などの
手仕事品の販売、
mama'sカフェや子どもの遊びコーナーなど
盛りだくさん!
今年度は虹色の羊毛ボール作りの
ワークショップが行われるそうですよ。

ぜひオープンデイで温かな雰囲気と
シュタイナー教育の幼児期の過ごし方を
感じて下さい。

(ブログ担当 保護者)

夏休みも終盤となりました。

IMG_6624もうすぐ新学期。
学園の庭に子どもたちの元気な声が響き渡る毎日が
始まります。
夏の間にグンと大きくなった子どもたちに会えることを
楽しみにしています。

さて、学園では新しい仲間たちを求め、
今年度、2回目の学園説明会を開催いたします。

2018年度の入学、または転入をお考えの方は、
説明会にご参加の上、面談をお申込みください。

2107年度 入学・転入説明会

2017年9月9日(土)

[A] 9:30 ~ 11:30

「シュタイナー教育とそのカリキュラムについて」

 授業の特徴やその背景をご説明し、
 授業の一部を体験していただきます。
 脱げにくい上履き、動きやすい服装でお越しください。

2017年9月16日(土)

[B] 9:30 ~ 11:30

「シュタイナー学園と保護者の関わり」

 運営や学費、学園生活について、在校生の保護者がお話します。

※ できる限りご両親でご参加ください。
※ 保護者向けの説明会です。お子様の参加はできません。

2018年度の入学、または転入をお考えの方は
[A][B]両方にご参加の上、面談をお申し込みください。

  学園のお母さんたちが手作りした、
美味しいお菓子や軽食の販売もあります。 
  ぜひ、ご利用ください。

・申込み方法、参加費、託児、その他詳しい情報については、
入学・転入説明会「ちらし」をご覧ください。
 (ちらしは学園HP「お知らせ」の中の
「2017年度 入学・転入説明会」からもアクセスできます)

・申し込み締切りは、9月5日(火) となります。

皆さまのご参加をお待ちして居ります。 
        (説明会担当 保護者)

IMG_6395
6月の学園説明会が終わりました。
ご参加下さったみなさま、ありがとうございました。
途中の休憩時間に、8.9年生の生徒たちによる弦楽アンサンブルをお楽しみいただきました。
カノンをショートバージョンでお届けした後、
自分達で焼いたお菓子を販売。
見事完売いたしました。
この収益金は、彼らが11月に行う農業実習の資金にさせていただきます。
ありがとうございました。

さて、次回の学園説明会は9月9日と16日です。
詳しいチラシはこちら→学園説明会チラシ
たくさんの方にこの学園を知っていただけたらと思います。
ご参加、お待ちしてます。
(説明会担当 保護者)

BlogPaint先日、学園ではキリスト者共同体司祭である
輿石麗さんをお招きし、
祝祭を学ぶ勉強会がありました。
今回は人智学の観点より、
アドヴェントからクリスマスに向けて
お話しいただきました。

なぜクリスマスを祝うのか。
 -それは祝うことにより、
今後に向けての大きな力となるからだそうです。

また、家族・学校など共同体で祝うことも大切なことであり、
共同体は自分たち1人1人の力を越えて、
1人ではできないことが、できるようになると話されていました。

新校舎へ向けて新しい10年!と意気込む学園には
力強いエールをいただけた様に思います。

世間では、クリスマスとなるとにぎやかなイメージです。
この時期に本を読んだり、歌を歌うなど、
自分ができることをしながら
静けさと共に祝うことができたならば、
心の中に光が灯りはじめ、
その1人1人の光がたくさん集まり
大いなる愛と力になるのでしょう。

「真理は愛なのです。」と力強く言われていた輿石さんが、
とても印象的でした。

輿石麗さん、本当にありがとうございました!

学園では、もうすぐアドヴェントガーデン(りんごろうそく祭り)が行われます。
この行事は、子どもたちはもちろん、
準備をする大人の私たちにも
心の中に光が灯る素敵な時間です。

勉強会に参加された1年生のお母さんに感想を聞いてみました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
世界のシュタイナー学校で行われているという
アドヴェントガーデン(りんごろうそく祭り)。
りんごろうそくという言葉の響きも愛らしく
今年初めて体験する私達親子も
どんなことをするのだろうと、今から楽しみにしています。


旬の果物で、ろうそくがささりやすく、
転がらないからりんごが使われているのだと思っていました。
輿石麗先生から学びをいただき、
りんごであることにも深い意味があることを知りました。

他にもたくさんの興味深いお話が
温かく穏やかなリズムで語られ、
心の奥に優しく染み込んでいきました。


今年のクリスマスの時期は
ご馳走やケーキ、サンタさんのほかにも
クリスマスの本当の意味を思い、静かに今年を振り返り
来年に思いをはせる時間も持ちたいです。


生きていれば辛いことや悲しいこともありますが、
アドヴェントガーデンのろうそくの光が
希望の光となって世界中に届けられるといいなと思います。

              (1年生 保護者母)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これからますます冷え込む季節ですが、
1人でも多くの方の心の中に愛ある光が灯りますように。
              (ブログ担当 保護者)

Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.