P1110675

P1110539


ダニエル・キイス原作のこの有名な作品、
読まれたことのある方も多いかと思います。

僕も遠い昔に読んだ記憶はあるのですが
内容はほとんど忘れていました。


P1110549

P1110547

シュタイナー教育では高等部で
先ずは悲劇を学ぶのですが
11・12年生たちは
この作品をその悲劇作品として
すでに昨年度演じていました。

P1110601


そのときは、4人が横並びに立ったまま
セリフと身振り手振りで
演じる朗読劇に近いものでした。

それはそれで感銘を受けたのですが、
医学的な実験を伴ったストーリー、
セリフの速さからかなり
理知に寄った印象を受けました。





この作品をフルバージョンとして
次年度卒業演劇として上演すると聞き、
いったいどういう劇となるのか?と
とても興味がありました。

P1110804


P1110806


「理知に寄った」、というイメージが
前回ありましたが、
今回の卒業演劇を観て思ったのはその逆で、
なんと「人間的な」劇なんだろう!ということでした。


P1110582

P1110609
P1110625


原作を読んだ方ならご存知かと思いますが
「知識を得ること」「知能が高くなること」が
幸福と本当に結びついているのか?

P1110751

P1110724


現代社会が抱える矛盾と葛藤を
考えさせられます。

劇が伝えたいことを理解できるのは、
11・12年生四人の力によるものだと思います。

P1110939


P1110894

冒頭のシーンから最後まで
ずっと引き込まれっぱなしで、
みんな見事に劇の中で生きていました。


悲劇のときと較べるのは、
形式からして違うので
適当でないかも知れませんが、
一人一人の成長が本当に見違えるようでした。


この劇にかける彼、彼女たちの真剣さに
僕は打たれてしまいました。

P1110928

本番が近づいてくると
平日も遅くまで学校に残り、
土日もなく練習していると聞いていました。


楽しく、充実していたと思いますが、
一方本当に大変だったと思います。

P1110980


でも僕はこんな青春の時間を過ごす
彼らが素直に羨ましいです。


最後に、一人ずつやり終えた
感想を言ってくれたのですが、
その晴々とした姿、
落ち着いた一言一言から彼ら、
彼女が劇を通して
本当の自分自身を発見したような喜びを感じました。

P1120021


そして発言している、苦労を分け合った
仲間を見つめる眼差しに胸がじーんとしました。


どうしてそう感じたのか?
その眼差しの中に
お互いのことを尊重しようという気持ち、
理解し合おうという気持ちを
強く感じたからだと思います。


それらは以前からあったのでしょうが、
この素晴らしい劇を生むため、
たくさんのことを乗り越えることで
大きく育ったのではないでしょうか?


P1120035

P1120053


12年生劇を見るたびに
本当に新鮮に驚かされます。

感動させられます。

元気をもらいます。

IMG_0235



11・12年生の皆さんありがとう!
そして指導にあたった大場浩子先生、
高等部コーディネーターの堀田先生、
影で劇を支えた10年生たちにも感謝を!

(5・7年生 保護者)

IMG_0265


IMG_0230

IMG_0372


IMG_0305

・・今後の開催イベント・・
・8/27(土) 佐藤邦弘先生 大人向け高等部体験授業(世界史/ガンディー)
・8/28(日) 学園見学会・体験授業【第2回】(1年生・8年生)
・9/18(日) 学園説明会【第2回】
*詳細や募集については決まり次第、ホームページに掲載いたします。

・・募集中・・
学童指導員▶︎詳細
音楽科非常勤講師・常勤職員▶︎詳細