P1070930


山へ。

「これからヒノキを一本伐ります。」

P1070937


炭やきと山仕事(木こり・木挽き)を
生業としている杉野さんが静かに、
力強く、子どもたちに語りかけます。
「今から木を伐ります。」
「頭の上に木が倒れてきたら 逃げないと命を落とします。」
「よそ見をしないで、 自分の身は自分で守ること。」

緊張した子どもたちに、 淡々とした口調で、 木を伐る際の危険性、 自身の命の守り方について 念入りに説明します。
P1070932

その真剣な眼差し、語気の強さは、 伝える相手が子どもたちであっても 少しも和らぐことはなく
これから木を一本伐るということが どういうことなのかを 包み隠さず伝えてくれます。
伐採の流れとしては、 まず、木こりの杉野さんが倒したい方向に ”受口”と呼ばれる切り込みを入れ、 続いて反対側から”追口”と いう切れ込みを入れます。
その後、杉野さんの合図に合わせて、 安全な位置に設置されたロープを 子どもたちが綱引きの様に一斉にひっぱり、 木が倒れる、という仕組み。
P1070939

全身オレンジ色の作業服を 身につけた杉野さん。
腰に付けた熊鈴が心地よい音を響かせ、 てきぱきと準備を進めながら 木が一本なくなることでこの場所が どのくらい明るくなるのか、 伐る前にこの”暗さ”を覚えておいてほしい、 と写真撮影を促します。
立ち会いに来ていた 山主の安藤さんのご挨拶があり、 粛々と山の神様にお供えをしたら、 いよいよヒノキの伐採です。
静かな森に、 突然チェーンソーの爆音が響渡ります。
P1070934
その音の大きさに驚いて 一旦遠くへ逃げだす子どもたちですが すぐに戻って小さな手で ロープをしっかり掴み直します。
P1070948
そして、そんな 子どもたちの様子を見守りつつも
受口を作る際の、 辺りにフワッと漂う木の香りに 心ときめかせ、 文字通り森林浴にふける保護者の方々。

ギュイーンというチェーンソーの音
続いてカンカンという斧の音
P1070982
そして杉野さんの号令。
「ひっぱって!」
誰ともなく始まった「そーれ!」の掛け声。
P1070994
がんばれがんばれ、とエールを受けて 力いっぱいロープを引っ張る子どもたち。
最初は先の方がぐらぐらと揺れるくらい。
次第に斜めに傾いてきたかな、 と思った直後。
P1080004
周りの木の枝をバキバキと へし折りながらあっという間に ドシーンという大きな音を立てて、 大きなヒノキが倒れます。
拍手が起こり、 子どもたちの大歓声。
P1080018
倒れたばかりの木に 子どもたちが次々とまたがり、 手で触ったり引っ張ったり 叩いてみたり。
木が立っていた場所を再び指差し、 見てもらいたいのは 倒れた木のあった空間なんです、と杉野さん。
P1080029
「光が差し込み、明るい!」と 子どもたち。
計算通りに2本の木の間に 倒れたヒノキを囲んで
無事作業を終え、 いくぶん表情を和らげた 杉野さんが解説してくれます。
倒した木は「葉枯らし」と言って 葉を付けたまま、
その場所に置いておくそうです。
P1080053
普通、林業の現場では、
すぐに枝葉を落として
売り物になる長さに伐り、
搬出、運搬するそうですが、
それを行わず、
伐った木は、
その木が育った森の中で
「葉枯らし」を行う。


木は葉っぱがついたままなので、
光合成を続けるが、
根は切り離されているので水は吸えず、
木の本来の生体能力を利用することで
木が穏やかに乾いていく。


葉っぱが光合成を止める
数ヶ月から半年、
このまま置くことで脂分が残り、
乾いているけどしっとりとした
木材として良い状態になるそうです。


加えて、太陽の光が弱まり
光合成が穏やかな秋・冬・春の季節、
その中でも6~7回訪れる新月期と
呼ばれる期間に伐採することで、
根から吸い上げる水の量が少ない
木を選ぶことができる。


満月の頃はバイオカーブの上昇がピークで
植物の澱粉が増え虫がつきやすくなり
新月の頃は下降のピークで澱粉が減り、
虫が寄りにくくなる。


葉枯らし+天然乾燥された
新月期伐採の木材は、
色が良く、香りも素晴らしく、
また、腐りにくく燃えにくい。


歪みや狂いも少ないそうです。

P1080097

今日は時間ないかも、と
お預けされていた目の前に並ぶ
アスレチック遊具も、
20分だけ時間を作っていただきました。

P1080085


先生の合図で、子どもたちは
思い思いの遊具に飛び付きます。

P1080104

子どもたちが元気よく遊びまわる間、
倒したばかりのヒノキの根元に近い部分から
大きな輪切りを作り子どもたちにプレゼント。

P1080055

水分をたっぷり含んだ輪切りを
太陽に透かしてみると
オレンジ色に透ける部分と
くっきり分かれて見えて、
また驚きの声が広がります。


輪切りを作る際に出た木屑も
ヒノキの香りがいっぱい。


保護者の手で丁寧にすくって後で
みんなで分けて持ち帰りました。


「杉野さんはね、木を一本切ったら
全部使えるように工夫しているんだよ」
という先生の言葉を思い出します。


ひとしきり身体を動かした後、
再び車で移動。


設楽町にある
”段戸裏谷原生林 きららの森”に
向かいます。

P1080189


標高1000メートル、
樹齢200年300年を超える巨木の
そびえ立つ天然林。

本来なら靴の汚れを落としてから
入るべき、大切な森です。


入り口で一人ずつ
登山者カウンターを回し、
杉野さんを先頭に長い列を組んで、
そびえ立つ木々の中を進んでいきます。


入り口付近にある公園広場で
敷物を広げ、まずは腹ごしらえ。


見渡す限りあちこちに雪が残り、
予想以上の寒さの中、皆で肩を寄せ合って
お弁当を食べました。


もうすぐ雪が降ってくるかもしれない。

P1080272


子どもの足と、
夏タイヤの車での帰路を考慮して
今日はショートコースにしましょう、と杉野さん。


お腹もいっぱいになり、
再び列を組んで進む一行。

P1080264


途中、特徴的な形をしたブナの木に注目したり、
倒れている巨木の前で立ち止まったり、
実際に樹木に触れながら、
森の微生物についてのお話がありました。

P1080286

「(倒れている木を指して)このくらいの範囲で
地球上の人より多い数の微生物が
生息しています。」


「倒れた木が微生物を育み、葉を虫が食べ、
栄養を作り栄養のある森は
綺麗で美味しい水を作る。」


「倒れた木の周りに落ちた
木の子どもがまた大きな木になり、
影を作り、命を育み、倒れ、また光が差し込む。
ここだけで食物連鎖が完結しているのです。」


倒れた樹木に皆、手のひらを乗せます。


「この柔らかさを覚えておいてください。
微生物がだんだん柔らかくした樹木の感覚を。
柔らかくなった地面の感覚を。
これが微生物の作りだした環境なのです。」


小一時間ほど森の中を歩き、
元の入り口に戻ってきました。


この頃には子どもたちも緊張が解け、
すっかり人気者となった杉野さんの周りに
押し合いへし合い。


最後に杉野さんの作業場も
案内してもらました。

DSC_0821

杉野さんは木こりですが、
炭やき職人でもあります。

DSC_0817


ちょうど窯に残った炭を見せていただき、
加工途中の木材や
使用する機材などの説明、
お仕事のこだわりなども教えていただき、
実際に木を加工する様子も
実演してもらいました。


木こりのお仕事は、
一本の木をきちんと使うということ。


伐採する木や、その木が育った森に、
その森を支える数多の命が
そこに在ることへの敬意と感謝、
その真摯な姿、
シンプルな思想に
終始胸が熱くなる思いでした。


この日伐採したヒノキを使って、
これから家作りに挑戦する
学園の子どもたちの中に、
杉野さんの熱い想いと
自然の温もりがそっと根付いた、
忘れられない1日となりました。

(2年生保護者)
・・今後の開催イベント・・ ・5/7(土) 見学会ご予約不要 
<体験授業>オイリュトミーご予約受付中 詳細はこちら ・6/4(土) 学園説明会 ご予約受付中
詳細はこちら

P1070941