IMG_0326

IMG_0387


娘の「悲劇」を観劇してきた。

普通の演劇を想像してたが、幕が開けると譜面台を前に

白い服に黒のパンツ姿で4人が立っている。

朗読劇だった。


4人全員が順番に朗読で

主人公のチャーリーを演じるところから始まった。

IMG_0909

(*写真は本番前の練習時と本番直後のもの 
衣装や動きが異なるところがあります)

皆が同じ人物を演じようとしている

ことが良く分かったし、よく表現されていた。



それでいて、無邪気さのあるチャーリー、

生真面目さのあるチャーリーなど、

それぞれの個性も楽しめた。

IMG_0398


朗読の途中の場面場面を寸劇として切り取って、

各自が色々な役を見せてくれた。

IMG_0929



それぞれが堂々と演じる姿に引き込まれ、

あっという間に終わった。

IMG_0346

上の学年の悲劇の題材がオセロだったように、

シェイクスピアの悲劇作品など、

これぞ悲劇という作品が選ばれる

イメージを持っていたので、

「アルジャーノンとは変わった作品を選んだな」

と思ったのを覚えている。

IMG_0810


子どもたちとしても、演じるにあたって

参考にする脚本などの材料が多い作品ではないので、

取り組むには課題も多く困難だったことだろう。


IMG_0906


娘の様子からもそれは伝わってきていた。

年が明けてから作品選びからやり直しかも、と聞いていた。


後から聞いたことだが、

1月から悲劇の授業を担当して頂いた

大場先生から供された資料から、

作者ダニエル・キイスがこの作品を

悲劇として書こうとしていたことを知り、

運命的なものを感じ気持ちも新たに

作品作りに取り組むことになったようだった。
IMG_0276

IMG_0260


先生の授業は、「なぜこのセリフを言うのか」を

どこまでも掘り下げて演技を指導され、

深く読み解くことのできる大変さと面白さがあるとのこと。

IMG_0962


理系脳で人生を邁進してきた父としては

その深淵なる世界は分からないのだが、

悲劇の授業を通して

多くの学びを得たことはよくわかった。

IMG_0966


劇は、作品の途中の場面、

チャーリーがネズミのアルジャーノンと

共に逃げ出そうとする場面で終わった。



帰宅した娘に

「逃げ出した二人が不幸になるか、

幸せになるかあれじゃわからないね?

悲劇だったか伝えられなくない?」と、

ぶつけてみた。

IMG_0943


すると、「授業の中で悲劇はやってるからいいんじゃない」

と返ってきて、発表するまでの過程で

十分この子は悲劇を味わったことを思い知った。

IMG_0358


観客のためでなく、

この年の子どもたちが体験することが

本来の目的だったこと、

娘の言葉からその大事なポイントを思い出した。

それが体験できてよかった。

IMG_0310


今年7月の12年生劇は、

同じメンバーで演じる

「アルジャーノンに花束を」

の本編になるとのこと。



悲劇の授業で味わい成長したことも含め、

どんなことをさらに体験して

舞台で表現するのか今から楽しみです。

(10年生保護者)
IMG_0410

IMG_0434
・・今後の開催イベント・・ ・5/7(土)学園見学会 ・6/4(土)学園説明会(入学説明会)

*詳細や募集については決まり次第、ホームページに掲載いたします。