3月10日の学期祭に参加しました。
年に3回ある学期祭ですが、1〜12年生まで、 日々の学びを保護者にお披露目する日であり、 保護者は子どもたちの成長を実感できる日です。
最初は、7年生の狂言。 限られた稽古期間の中、狂言ならではの節回しで、 長い台詞も演じる7年生の姿を頼もしく感じました。 笑いもあり、帰宅した我が子は「あのシーンが面白かったよね」と 楽しそうに7年生の真似をしていました。
次は、1年生。 入学したばかりの4月はみんな緊張していたのに、 今ではすっかり8人全員が仲良し。 楽しそうにお手玉や手遊び歌などを披露してくれました。
2、3年生は、元気いっぱいにわらべ歌に合わせて、 飛んで跳ねてエネルギーいっぱいでした。 見ている保護者も自然と笑顔になりました。
4年生は、イタリアの「ハサミ研ぎ」という歌にあわせ、 歌いながら隊形移動。 先生を含めた8人が見事な連携で、 最後の決めポーズもカッコ良く、拍手喝采でした。
5年生と6年生の歌とジャグリングは、 お手玉3つを軽々とこなす姿、 時折、足の下を通してお手玉をする姿に本当に驚きました。
9年生はギター伴奏に合わせて「Heal The World」を披露。 女子の優しく澄み切った歌声で、 男性が歌うのとはまた違った味わいがあり素敵でした。
12年生は、東京賢治の学校で合同演奏した ベートーヴェンの「運命」を披露。 演奏準備の間、卒業公演についてや、 取り組んでいるSDGsの話をしてくれました。 12年間の集大成として、 社会に羽ばたく準備をしているのだなぁと、 頼もしく感じました。
今年度の最後の学期祭ということもあり、 感慨深いものがありました。 我が子が憧れているあの子はがんばっているかなぁ なんていう思いも持ちながら楽しめた学期祭でした。
(1年生保護者) ・・今後の開催イベント・・ ・5/7(土)学園見学会 ・6/4(土)学園説明会(入学説明会)

*詳細や募集については決まり次第、ホームページに掲載いたします。