6C17907B-1303-47DA-AE32-1FEFABAA62C4ー1ー よりつづき

また、禅坊主やヨガ行者のようなことにも取り組んだ、
それは内的視覚化というが、実際には目の前に無い存在を、
意識の中で捉えて映像を浮かび上げる。いわば自前のVRだ。
これも現代人においては難しい。しかし彼らには培われていた。
これはシュタイナーの講義録では、高次の次元の認識方法であると
語っている。
ところで、人間は誰しも「自前VR」はおよそ日常的に行なっている。
それは特に恋焦がれるとき、心の渇きを癒そうとするとき、
慕う人と出会っている人は常に目の前にその人が居る。
誰かに強烈に想いを寄せるとき、人は必ず「自前VR」に
嵌まり込んでいる。誰でも自然にやっていることだ。
これも彼らはすんなりとやってのけ、観ているこっちまで
それがビンビン伝わってきて、初々しく清々しい気持ちに
させてくれた。そこに身振り手振りはなくとも、言葉なくとも。
ただ想うということがこんなに伝わってくるものなのだ。
 
3DE01903-2364-4736-9CFA-584480297F9D仏教には身読という方法がある。耳で読むのはなく、
口で読むのでも、頭で読むのでもない、身体で読む。
物語を行動して体験的読む。
演劇はかなり贅沢で濃厚な読書なのだ。
これはあらゆる宗教が発生当初から採用してきた読み方だ。
知性というはまりこみ、自分の主観、前提知識や記憶で
観ることによる堂々巡り、成長という言葉と無縁に
させている壁が破られる。
これも演劇がもたらす救いだろう。
 
少し長くなってしまうが大切なことなので
もう少しご辛抱いただきたい。
 
この舞台のお稽古をしている彼らが暮らしたホールの下で
何が起きていたのかは誰も知らなかったが、
あとで先生たちの向き合った厳しい現実を漏れ聞き、
そういったこの学校の現実ともこの舞台は繋がっていたのだと驚いた。
大人の代名詞でもある「分別」や「良識」。また「正しさ」
「崇高さ」「清らかさ」というものは、その質が高まれば高まるほど、
真夏の太陽のように深く濃い闇を作る。
私たち大人は、今質の高さや勝ち負けの基準の変更を迫られている。
指導する方法をより高める時が来たのだ。
それは、圧倒的能力の高さによって相手を打ち負かすことが
できる者が勝者であり、それが人としての崇高さであるという
倫理観をやめることでもある。
そういった自分の高さを誇示して相手の低さを突きつける気高さと、
もう一方にある、他人や子供達において、本人以上に、その本人も
気づいていない崇高さ素晴らしさ、能力の高さに気づき、また引き出し、
それとなく本人に優しく気づかせていく気高さ崇高なる人間性がある。
言うまでもなく、前者より後者ははるかに崇高なことは明白であり、
皆が望むことだ。これには子供たちのほうがすでに
気づいているのだと感じる。
 
相手を生かそうとする。
しかし自分の立場で自分の思い入れで善意をもって
それをやってしまうところにホラー(恐怖)は忍び込んでくる。
この物語の登場人物も、みんな一生懸命お互いにそれをやっていた。
これも、作者の意図であろう。
 
こうして、我々現代人が共有する「はまり込み」から
離脱していくことと、よき舞台とは関係している。
またそれがそのまま観劇によって得られるカタルシスにもなるが、
もう一つ、これから永く毎年生まれるこの学園の舞台が
より良いものになるために、観客のはまり込みを共有したい。
有名な話としては、「8時だよ全員集合」という公開収録の番組において、
観客が「シムラ〜うしろ〜」と叫ぶ逸話がある。
観客が物語に没入するのだ。
今は異質に思えるが、それが珍しくなったのはかなり最近のことで、
昭和の40年代まではむしろ当たり前のことだったし、
何より歌舞伎では「掛け声」や「合いの手」は今も当たり前で、
日本人には馴染みがある。しかし一時期インテリはこれに
しかめっ面をした時期があった。
 
物語の中で起きる出来事に、たまたま居合わせた人というていで
観ることは特に子どもたちにとってはとても優しい観客である。
逆にコチコチに冷静な客観性によって主観的に自分の前提や
記憶や知識をフル回転させて批判的に観る観客は俳優においては
かなり手強く、舞台上での生活する身心に鋭く刺さってくるものがある。
まあそれも一つの緊張感となるから抹殺すべきものではないのだが、
その目線によって一つだけ失うものがある。

それは全く成長しない、今の自分以上のものを発見し
豊になることを失う硬直化した態度である。
これはとても勿体無いことではないだろうか。
せめて観劇の時くらいは、おどろきと無邪気さで、
面を白くして全肯定的に観る、そんな子供たちのような
創造の達人に戻りたい。
目の前の現実は観ている自分の影響を受けている。  
                   
     (生徒の親 ふくめん演出者 CS)