IMG_2507長い行程の家づくりも最終日を迎えた11月15日。
陽も落ち暗い中、ライトで照らされた家での子ども達の作業を、
少し離れて見ることができました。
釘を打ち、鋸を引き、道具を片付ける子ども達の姿は、
いつもと違い、それは少し不思議な光景でした。

家づくりは最後の工程の板を張るところで、
9人の子どもそれぞれが自分の仕事に集中し、
自信をもって取り組んでいるのが分りました。

我が子を見ると、家ではお手伝いなど滅多にやらないのに、
目の前で力強く玄翁を振り下ろし釘を打ちつけ、
棟梁に『次はどうしますか?』と質問までしています。
道具を使う時は基本的に1人ずつ作業するようで、
1人が鋸を引いている時は周りで他の子が「もう少し」「頑張れ」と、
励ましながら見守ります。

子ども達は皆、最終日ということもあってか、道具の扱いも板につき、
また土壁の作業で汚れた服も様になっていました。

家へ帰ってからも、玄翁を練習した子や
自分で木を削ってホゾを作ってみた子もいたそうで、
頼もしい限りです。誰に言われるともなく、
1人1人それぞれが後片付けの掃除をしたり、
棟梁の車に荷物を運んだりと、手際のよい作業がこの家作りを通し、
しっかり子ども達に身についている様子でした。

目の前を、灯りに照らされた家の中で作業をしていてる子ども達の姿、
すぐ側で支え導いてくれる棟梁や先生がいて、
さらにその周りを見守っている親がいる。
その何か縮図のような光景を薄暗がりの中見ていると、
今、かけがえのない学びを子ども達は体験しているんだなぁと、
不思議な温かい気持ちになりました。
最後に棟梁から子ども達へ「道具を使える大人になって下さい」という言葉を、
子ども達は少し恥ずかしそうに、そして誇らしげに聞いていました。

みんなで出しあった名前を家に向って呼んでみたり遊んでみたり、
どれがふさわしいか時間をかけて話し合い、よろこびの家と名前が決まりました。 
お忙しい中、家作りの指導をして頂いた中村棟梁、木こりの杉野さん、
全身全霊でいつも子ども達の側にいてくださる担任の森田先生に感謝です。

子ども達はそのまま小さな職人集団として棟梁と一緒に車に乗り込み、
次の現場へ向かいそうな程、違和感はなかったです。

                 (4年生 保護者)