9BAD85EF-32E5-442A-AB82-F7DE879D73E412月に入ってすぐの穏やかな土曜日に
2学期の学期祭がおこなわれました。

8月に念願の新校舎南棟が完成し、
初めて新校舎が会場になりました。

ノート展示も各クラスの教室がそのまま会場となり、
クラスによって違う教室のしつらえや雰囲気も楽しめました。

あかつきの部屋、と名付けられた美しい朝やけ色のホールで
各クラスの子どもたちが生き生きと学びのひとこまを見せてくれました。
かわいらしい低学年からグッと心に迫る姿の高等部までの発表の締めくくりは
高学年のチェロとバイオリンの演奏でした。
「愛知シュタイナーレッヒェルン交響楽団」と楽団名まで付いて人数も迫力も増し、
高等部の生徒が指揮者も担当。
カノンと白鳥の湖の調べは聞き応えがありました。

学びを深めていく子どもたちの姿を見せてもらいながら
新校舎で皆で集える喜びを感じたとても良い学期祭でした。

しかし、まだ全学年が学べる教室数が足りていません。
新校舎の良さを実感し、次の目標である北棟建設の必要性を
強く感じました。
                 (8年生 保護者)