DE9A538F-189B-40E3-B2F6-46164EA85A14春、田植えが初めての子どもたちが植えた苗、
うまく育ってくれてるかな~と、
ときどき田んぼの様子を個人的に見に行っていました。
でもそんな心配は無用だったようで、小さかった苗は、
どんどん大きくたくましく育っていってくれていました。
そして季節は過ぎ、先日、稲刈りを済ませました。

時期が近づくと、伝統的な稲刈りの方法について学んだり、
刈った稲をまとめて麻紐で結ぶ練習をしたり、
と準備を進めているようでした。
しかし、何かの手違いで、稲刈りは済んでいました。
本当に悲しい手違いでしたが、
角の部分や雨や台風で稲が倒れてしまった箇所は、
刈らずに残されており、そちらの稲刈りをすることにしました。

そんな状況でも子どもたちは元気で、明るいです。
それぞれ鎌を手に、倒れた稲を助けるかのように
丁寧に自分たちが育てた稲を刈っていました。
稲によく似た雑草も生えていたので、
それと区別しつつ稲だけを刈っていきます。
子どもたちが育てた大切な稲です。
倒れた中からできるだけ多くの稲を刈ってあげたいと
私も思いました。

刈った稲は、練習したように束にして紐でしばって
ブルーシートに積んでいきます。
どんどん稲束は増えてゆき、思ってたよりは
かなりたくさんの稲が収穫できました。
「けっこうたくさんになったね~」と
子どもたち、先生ともに私も嬉しくなりました。

田んぼに残った藁は、現在進行中の家づくりの土壁に
使用するため、こちらもたくさん集めました。

学園に持って帰った稲を、これも自家製のはさがけに
掛けておきました。
このまま天日干しして、その後は脱穀、、、。
担任の先生も言われていましたが、美味しいお米を食べるまでには
まだまだやることがあるようです。

新校舎のすぐ隣に置かれた、はさがけに吊るされた稲束を見ると、
何故だか心がほっとします。なんだか懐かしい、安心がある。
学園の子どもたちもみんな同じような気持ちになっているのでは、
と思っています。

(4年 生徒父)