78CAA4BF-FEAD-45E8-A2BD-EBE6BC9889AF10月に行われた秋祭りでは
6,7年生が和太鼓演奏を披露しました。

秋祭りに向けて練習が始まった頃、
娘が「私、先生みたいに美しく演奏したい」と言いました。
和太鼓の先生は、
例年学園がお世話になっている
和太鼓ユニット 光の羽田先生です。
<和太鼓ユニット 光 →http://www.kokikaku.com/

娘が言うには、羽田先生の演奏する姿は、
バチの先まで意識が行き届いているのが分かり、
とても美しいそうです。
「どうしたら先生みたいに演奏できるかな」
「姿勢に気を付けてみたら良いのかな」と言いながら
本番までの練習に取り組んでいました。

そして迎えた秋祭り当日。
和太鼓の演奏はオープニングとお昼の2回でした。
お昼の発表では、羽田先生も篠笛とともに登場!
力強い和太鼓と篠笛の澄み切った音色は、
秋祭りにふさわしく、秋の空に響き渡りました。

秋祭りを無事に終え、
娘は「練習より本番の方が上手くできたよ。
またやりたいな~」と
言っていました。

学園では下級生の子どもたちが
「わっしょい!わっしょい!」と、
さっそく和太鼓ごっこを繰り広げ、
5年生の子どもたちは
「次は僕たちの番だよね」と
張り切っています。

こうして代々受け継がれていく
行事があることは
素晴らしいことだなーと思いました。

和太鼓ユニット 光の羽田先生、
今年もご指導ありがとうございました。

(7年 生徒母)