2E09CB60-2AA4-42F6-A2B5-AE39D61492A5秋になると楽しみなミカエル祭。
子どもたちの劇に加えて、持ち寄りでの美味しいランチ会もある
毎年楽しみなイベントです。

2年間、上級生たちの劇で楽しませていただき、
3年目の今年は我が子が活躍する年。
夏休み明けの1ヶ月間、私もどんな劇になるかと
楽しみに待っていました。

家ではあまり劇の詳細は話してくれず、
内容は当日のお楽しみという感じで、
最後の練習日の金曜日を終えました。

008F5C22-B9C2-4F50-A62A-839D40F9DD31前日は熱が出てしまい学校へ行けるか心配しましたが、
当日は「朝の練習に遅れないように急いで!」と急かされながら出発。
やる気も元気もいっぱいで、無事に参加することが出来ました。

今年は、天から落ちてきた災いの龍を
聖人が退治するという内容の劇でした。

見終わった私の心は「素晴らしかった!」という気持ちでいっぱい。
たくさんの観客を前にしながらも、どの子もしっかりと声を出し、
長い台詞も一人ずつの台詞もハッキリと言えていたこと。
緊張しながらも、それぞれが一生懸命に役をこなしていた姿に、
今までの学期祭では感じたことのない大きな成長を感じました。

台詞を忘れてしまった時には、皆で助け合い、
劇を完成させていく子どもたち同士のつながりも感じられ、
嬉しく思いました。

いつもの子どもたちが見せる幼いかわいらしい顔とは違う、
しっかりと芯の通ったような様な凜々しい顔が、
これからの成長を更に楽しみなものにしてくれました。

劇の後に「どうだった?」と言いながら、使った衣装を
渡しに来た娘の満足そうな顔がとても印象に残っています。

家に帰ってからも「劇の時間がすごく短く感じた。」、
「劇のここを間違えた。」、「最初は笑っちゃった。」などなど
感じたことをたくさん教えてくれました。
彼女の中でとても大きな経験となったんだろうなぁと思います。

9歳のルビコン期に差し掛かっている3,4年生の子どもたち。
イライラ、不安な時間が多いこの時期に、
娘のいい顔が見られ、私にとっても嬉しい1日となりました。

(3年生 母)