B80E872E-E14D-4FDA-A1C6-C402249D95E4名古屋市昭和区にあるシュタイナー教育実践保育園
「やまさと保育園」の秋の感謝祭に参加してきました。
毎年学園はブースを出させていただいています。
今年は初めての試みとして、学園の高等部の
オイリュトミーによるむかしばなしを公演させて
いただきました。大変豊かな内容となりました。

外観は普通の保育園に見えますが、一歩内部に入ると
温かみあるシュタイナー的空間が広がっています。
特に「和の部屋」と呼ばれるホールは素晴らしく、
いつも厳かな空気が満ちています。その「和の部屋」で
オイリュトミー「うらしまたろう」が行われました。

「うらしまたろう」という誰もが知っているお話で、
子どもたちにはとても鑑賞しやすかったと思います。
私にとってもまさしくそうで、何度か学園の
子どもたちのオイリュートミーを観てきましたが、
初めてオイリュトミーというものの素晴らしさが
本当に理解できたような気がしました。
浦島太郎が玉手箱を開け、おじいさんになった後、
さらに鶴になり、飛んでいくシーンがあるのですが、
その翼をひらひらとさせて飛んでいく様を観て
「なんと美しいことか」と息を呑みました。
園児たちも、一時も目をそらすことなく
じっと見入っていました。
指導してくださった秦先生のおかげでもありますが、
シュタイナー教育で体験する深いイベントになったと
感じています、とまで言ったら言い過ぎかな。
でも、ご覧頂いた大人の方にも子どもたちにも
深い何かが残ったのではないでしょうか。

シュタイナー教育は来年で100周年を迎え、
世界中で様々な催しが企画されています。
混乱深まる世界で、この教育法はこれまで以上に注目されていくことと思います。
是非、学園HPにリンクされている100周年のフィルムをご覧ください!

と、主にオイリュトミーを観た感想が中心でしたが、
やまさと保育園保護者による手作りお菓子と軽食、
先生たちが作る名物のみたらし団子、根っこカレー、
そして楽しいゲーム、ワークショップ、手作り品販売など
盛りだくさんの内容で、今年も堪能させてもらいました。
ありがとうございました。
(1,3年生 父)