252DCB5D-F28C-4F6D-A00B-658C2089CA19先日、2学期の学期祭が行われました。
日頃の学びの様子を垣間見ることができる楽しみな行事です。

低学年は英語や音楽、エポック授業で取り組んだという
「北風と太陽」の劇の発表など、
日々着実に学んでいる様子が感じられました。

高学年の発表はグンと深みが増していました。
5,6年生の歌声と笛の音色は、
子どもたちの内面を表しているかのように、
とても澄んでいて美しいものでした。

9,10年生は、子どもたち自身で選んだという
「ジュピター」の合唱を披露。圧巻でした。
歌いだした途端、会場の空気が一変した様に思いました。

その後、コーラスとアンサンブルの発表が続き、
今回も感動と、日頃 学園を支えてくださる方々への
感謝の気持ちを胸に学期祭を終えました。
(7,8年生は、演劇「十二夜」をサポートしてくれたお礼を
 述べてくれました。再びあの感動が思い出され、
ジ~ンとしてしまいました)

学園も10年という月日が流れ、
最初の頃は教室1部屋で行っていた学期祭も、
近頃では人数も増えてきたため、
学外の施設をお借りする様になりました。
学園が確実に成長しているなと実感しました。

学期祭が終わり、学園は冬休みに入ります。
2学期の最終日には、保護者も一緒に毎年恒例の大掃除を行い、
最後に皆で小豆かぼちゃをいただきました。

冬休みの間には、いよいよ新校舎の工事が始まります。
子どもたちの笑顔と日々の学びがこれからも続いていく様に、
学園全体で力を合わせて一歩一歩進んで行きたいと思います。
(ブログ担当 保護者)