8A1C313A-164A-40ED-93D3-5721B0E4FB06我が家の3番目の子どもが1年生になり、
今回が初めてのりんごろうそく祭りでした。

「あと何回寝たらりんごろうそくなの?」と
何度も確認して、その日を楽しみにしていました。
上に姉と兄がおり、一番下の1年生の子どもは、
入学まで毎年グッと我慢してきました。

この日のために、授業で蜜蝋ろうそくを作ったり、
りんごを磨いたりしたそうで、
その都度嬉しそうに報告してくれました。

そして、ついにやってきたりんごろうそく祭り。
日が暮れるのを待ってのスタートです。
ろうそくの穏やかな灯りに照らされながら、
モミの枝でできた渦の中をゆっくり歩いていきます。
中央に灯されているろうそくから
自分のろうそくに灯りをもらった瞬間、
炎をじっと見つめる表情が印象的でした。

全てのろうそくに灯りが灯ると、
光で満ちたとても美しい世界ができあがりました。

一人ひとりの灯りは小さくても
たくさん集まればこんなに明るい光になるんだと思いました。
この明るい優しい光が心の灯りとなり、
いつまでも子どもたちと共にありますように。

皆さまも素敵なクリスマスをお過ごしください。
(1,4,6年生 保護者)