13D05929-5D0F-45C0-B326-828BEF8C4446新学期がスタートして数日たった土曜日、入学式が行われました。

かわいい仲間を迎えるため、
新2年生の娘は何日も前から歓迎の歌の練習を、
私は前日と当日、準備のお手伝いに参加しました。

前日は、7年生以上の子どもたちも
飾り付けに使う布にアイロンをかけたり、
鉢植えのお花を飾ったりと大活躍でした。

当日は、式のあとに保護者の方に振る舞うフルーツポンチの材料と、
庭に咲いていたお花を持って学園へ。
集まったお花を使って、7,8年生が新入生の頭にのせる冠を飾り付けてくれます。
そして小さな新入生がくぐるアーチを皆でたくさんのお花で飾り付け、
色とりどりのお花に彩られたお花のアーチが完成。
2年生の母たちで準備したフルーツポンチも、出番を待つだけになりました。

73D8754A-5C03-4CA6-BEFE-4BC0DE035ED3式では、4年生以上からの楽器の演奏と、
全員からの歌のプレゼントで新入生を歓迎します。
何度かリハーサルをして流れを全員で確認し、さあ本番です。

少し緊張したかわいい新入生たちを無事に迎えることができ、
今年も1年前と同じ、手作り感いっぱいの
あたたかい素敵な入学式になりました。

私にとって1年前との違いは、今年は準備の裏側を見られたこと。
先生方を始め、保護者の方、子どもたちが皆で力を合わせ、
思いを込めて、毎年、一生懸命準備をしてくださっていることを
あらためて知りました。
そして、学園はこういう力に支えられてきたのだということも。

加えてもうひとつ1年前と違うのは、娘が新入生から見たら
「2年生のお姉さん」になること。
泣き虫の娘ですが、はたして去年の2年生の子たちのように
優しいお姉さんになれるでしょうか。

さて、1週間後には転入のご家庭も交え新入のご家庭を歓迎する
ファミリーデイが、2年生の保護者の準備で行われます。
どうかお天気に恵まれますように…。

                  (新2年生 保護者)