先週入学式が行われ、今年もかわいい1年生が学園に仲間入りしました。
BlogPaint
6年生の娘は、
1年生は何人だろう?
男の子と女の子は何人だろう?
どんな名前の子かな〜?
担任の先生は誰だろう?
とそれはそれは心待ちにしていました。
子どもたちには1年生の人数も担任の先生も当日までのお楽しみ。
1年生の教室の机の数を見ようとしたり、先生の様子から推理したり、
いち早く情報を知りたくてみんな待ちきれない様子。
1年生を迎える喜びにあふれていました。

当日は教員と全学年の子どもたちと在校生の保護者も一緒にお祝いしました。
保護者がお花のアーチを、8・9年生はお花の冠を手作り、
子どもたちと先生からは歌、高学年からは笛の音楽のプレゼント。
BlogPaint手作りの温かい雰囲気の入学式でした。

1年生の手を引いて入場を案内する役だった娘は
手がとっても小さかった!
1年生ってあんなに小さいんだね〜
名前も覚えたよ!
と興味津々。
去年は1年生がかわいくて、休み時間に一緒に遊んだり、
おんぶして毎日へとへとになって帰宅した娘。
きっと今年もそうなる予感です。

子どもはもちろん、同じシュタイナー教育を目指す仲間が増えて親もワクワク。
新しい仲間を迎え、学園の10年目は明るく穏やかに始まりました。
                  (6年生 保護者)