学園では、幼児部小学部とも新入生を迎え、BlogPaint
子どもたちは、ますます、わくわくどきどきの毎日です。
今年度の催しについてご案内いたします。

<公開行事>入場無料、予約不要の学園公開行事です。
  小学部オープンスクール   6月2日(日) 10:30~15:00
       教室公開、作品、ノート、教材の展示、子どもたちの発表、
       羊毛手仕事やキンダーハープ・ライアー、リズムの時間の体験など。
       手作り品や手作りおやつ、お弁当の販売や、タンテボレさんの特別出店もあります。

  幼児部オープンデー  6月30日(日)
  秋祭り  10月13日(日) 
     

<大人のためのシュタイナー教育体験授業> 7月20日(土),21日(日) 9:30~12:00
    詩、リズムの時間から始まるシュタイナー学校の授業、
    エポック授業と専科授業の展開を体験できる大人のための体験授業講座です。
    連続した内容ですので、ぜひ2日続けてのご参加をお勧めします。
    21日午後には学園説明会を開催、体験授業参加の方は無料です。

<入間 カイさん講演会>
    今年も入間 カイさんに来ていただけることになりました。
    11月10日(日)です。どうぞご予定ください。

**************************************
シュタイナー教育と愛知シュタイナー学園を知っていただくための説明会にはどなたでもご参加いただけます。
入学・転入学をお考えの方は、カリキュラム説明会または大人のための体験授業と、学園説明会にご参加の上、
面談申し込みをお願いいたします。

<カリキュラム説明会>
    シュタイナー教育の特徴やカリキュラム、その背景などについてご説明し、
    授業の一部を体験していただきます。動きやすい服装で、脱げにくい上履きをご持参ください。
        参加費:1家庭 1000円   定員:15名    託児(2歳以上):500円/一人

<学園説明会>
     学費、運営や学園生活についての説明会です。在学保護者ともお話しできます。
        参加費:1家庭 1000円   定員:15名    託児(2歳以上):500円/一人
<面談日>
    入学・転入学のための面談日を毎学期1回ずつ設けています。
    出願期日までに面談申込書郵送、面談料お振り込みをお願いいたします。
    保護者面談時には託児の用意がありませんので、ご了承ください。

**学期別 入学・転入学スケジュール**

1学期  カリキュラム説明会  6月 2日(日)  12:30~14:30 
                    オープンスクールの「リズムの時間 ミニ体験」も含めて「カリキュラム説明会」となります。
                    「リズムの時間 ミニ体験」に合わせてご参加ください。
      学園説明会       6月 8日(土)  9:30~11:30
                     7月21日(日)  13:00~15:00
      面談日            7月 6日(土)(保護者)  
                       13日(土)(子ども)   出願締切:6月18日(火)

2学期  カリキュラム説明会 9月 7日(土)  9:30~11:30
       学園説明会       9月14日(土)  9:30~11:30
       面談日         10月26日~28日(保護者)  
                   11月 2日(土)(子ども)   出願締切:10月8日(火)

3学期  カリキュラム説明会     1月11日(土)  9:30~11:30
       学園説明会         1月12日(日)  9:30~11:30
       面談日                2月 8日(土)(保護者)  
                            15日(土)(子ども)   出願締切:1月21日(火)

<お申込み>
    メール、またはファックスで下記参加申込書の内容を記入の上、お申し込みください。


  *** カリキュラム説明会・学園説明会 参加申込書 ***

        希望参加日      月  日   カリキュラム説明会
                    月  日       学園説明会  

    参加される保護者のお名前(続柄):
             (   )
             (   )
    お子さまのお名前(ふりがな)・性別・年齢・託児希望の有無:
            (   ) 男・女   歳   託児希望 有・無
            (   ) 男・女   歳   託児希望 有・無
            (   ) 男・女   歳   託児希望 有・無

    託児に配慮が必要な点があればご記入ください。

    住所:〒
    Tel:                Fax:             携帯電話:
    E-Mail:

    当日の交通手段: 自家用車 ・ 公共交通機関

      


BlogPaint

3月2日は3学期の学期祭でした。
日々の授業の成果を父兄に発表する日です。
今年卒業を迎える息子にとっては最後の学期祭です。
 
振り返れば6年前、子ども2人と大人4人でこの学園を開校しました。
いざ授業が始まってみると、教師は毎日の授業準備に追われ、
親は送り迎えや教師のサポートに必死で広報活動まで手が回りませんでした。
最初の2年間は子どもが集まらず、立ち上げて良かったのか、この愛知の地にシュタイナー教育は必要ないのかもしれない、と弱気になったものでした。
 
それが今ではミニオーケストラが出来るまでになりました。
バイオリン6台、チェロ3台、ライアー1台を誇らしげに構えた子どもたちが、20畳の教室に並ぶ様は圧巻です。
毎週授業後に専門の先生に来て頂きレッスンを受けている成果です。
 
その他に、6年生は担任の先生のピアノ伴奏に合わせて、チェロやバイオリンでソロ曲を演奏しました。
ずらりと並ぶ父兄を前に大人でも緊張する場面です。
けれどどの子も堂々としていて、最上級生としてとても頼もしい演奏でした。
 
息子は3年生から習っているバイオリンと、6年生で始めたチェロを、
それは気持ち良さそうに演奏していました。文字通り音を楽しんでいるようでした。
 
1・2年生の頃には、緊張すると絶えず目をこすっていた子が、
3年生の家づくりと4年生の劇を演じ切ってから逞しく変わりました。
多くの体験を通じて自分を好きになり、やり遂げることで自分に自信を持ち、
多くの大人に見守られることで安心して日々を過ごしたことで、
息子の目にはあらゆる可能性が見えているようです。
夢を持つ子どもが少ない現代に、将来やりたい事が多過ぎてわくわくしている息子。
ノーヴェル賞をとるほどの発見があったと知れば
「あんまり発見しないでほしいな。僕が大人になって発見したいから。」と言ってみたり、
3・4年生の家づくりを横で見て、
「大工さんにもなりたいんだった。」と思い出したり。
人間国宝のような技術を持つ職人さんを知れば
「この仕事いいねー。だって毎日ずーっと物を作っていられる。」
自分の可能性に思いを巡らせ、毎日目が輝いています。
 
お弁当を包むつもりが他の物を包み
「あ、違った。」と言っては何回も包み直す程のんびり屋だった息子を、
じっと待って下さった先生方のお陰です。
子どもの可能性を信じ、その時期に必要な助けをして下さった先生方にとても感謝しています。
 
もう来週に迫った卒業式で、私は間違いなく泣いてしまうでしょう。
バスタオルが必要かもしれません。
「僕もいつまでもここにいたいよ。」
今日の帰り道で息子がポロっと言いました。
 
この子にもっとこの素晴らしい教育を受けさせたかった。
願わくば、この学園が認可され、
親が「私立にする?公立にする?それともシュタイナーにする?」と普通に選んで
子どもに与えられる時代が来ますように。
 
人がその人らしく生き、自分を肯定し、自分の可能性を信じ、本来の自分を生きられる世界。
そんな人でいっぱいな世界を作れるのがシュタイナー教育だと私はずっと信じています。
 
最後に、この学園を支えて下さっている多くの皆さまに深く感謝いたします。
6年間息子にシュタイナー教育を与えられたのは多くの皆さまのお陰です。
本当にありがとうございました。
 
(6年生保護者)















先日、3学期の学期祭が行われました。
毎学期の終わりに、父兄を招いて、授業の一部を発表するのです。
3学期ということで、今年度の締めくくりでもあります。

6年生は、バイオリンやチェロなどの楽器のソロでの演奏、オイリュトミーの発表など、
さすが6年生と思える内容でした。
きっと、下級生の子どもたちも、6年生になったらあんな事ができるんだ、と、BlogPaint
期待と尊敬の目で見ていたことと思います。
こういった気持ちが、学ぶ意欲につながっていくのでしょう。

他の学年の発表も、集中力を必要としながら、
でも皆リラックスして楽しそう。
普段の授業も楽しいものなんだろうなということが伝わってきます。
知識の詰め込みでなく、歌を歌ったり、体を動かすことで、
感覚に働きかけ、身にしみこませていく・・・
ということがよくわかるものでした。

私の子どもは、1年生。
希望で胸をいっぱいにふくらませて入学してから、
早いもので一年が経とうとしています。
今回の学期祭では、自信を持って、自分の声が出ている、自分で動けている、
そんな印象を受けました。
前回までの学期祭の時と何かが違う、大きく成長している姿を嬉しく思いました。

そして何より、子どもたち全員の笑顔が輝いていて、
この学園での毎日がすばらしいものなんだと実感しました。

(1年生保護者)
Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.