BlogPaint愛知シュタイナー学園では、一年生から手仕事の時間があります。
自分の子どもが一年生の時に初めて雑巾をつくってきた時には、「針が持てるの?!」と驚いたものですが、その後も、棒針編みのあみぐるみや、針入れ、フエルトの鉛筆入れなど、いろいろな物が出来上がりました。
根気がいる仕事に、時には集中して、時には失敗してキーッ!!となったりするけれど、息子は手仕事の時間が好きなんだそうです。

さて、秋祭りのバザー用に、母たちも手仕事品の準備をしました。
羊毛ボールを作って、クリスマスのオーナメントや、秋の収穫物に仕立てる計画です。羊毛ボールに、今回は草木染めの羊毛をつかいました。化学染料よりぬくもりのあるやさしい色です。
子どもたちの手も借りて、石鹸水でコロコロと、かわいい羊毛ボールが出来ました。
それだけでもかわいい羊毛ボールですが、白い羊毛ボールを二つつなげたら、雪だるま。
雪だるまには、手編みのマフラーや帽子をかぶせて、お顔を刺繍糸で刺しました。
いろんな手をから、いろんな表情が出来ました。でも、どの子もとてもやさしいお顔です。
赤い羊毛ボールからサンタさん、ピンクの帽子の女の子、皆、お家のツリーに飾られるのを待っています。
秋の収穫物は籠盛りにしました。季節のテーブルにどうですか?

その他にも、アクセサリーやお遊び用のボール、モビールなど出来ました。
是非、かわいいこの子たちに会いに来て下さいね。秋祭りで、お待ちしています。
                                                                (2年生保護者)

夏休みの天白図書館に続き、地下鉄の今池駅構内でBlogPaint
学園の授業や普段の様子を写真に撮影し、
ノートとともに展示します。
お近くにお越しの際には、是非お立ち寄り下さい。

今回は、学園に通う親子の写真も展示しています。
とても素敵に撮れていますのでこちらも必見ですよ。

期日:2013年10月2日~10月30日までBlogPaint
    (時間は地下鉄の営業時間内となります)

場所:地下鉄 今池駅
    桜通線の改札口を入って、むかって左側。
    桜通線と、東山線の連絡通路にある、
    3つのショーウィンドー
  (わからない時は駅員さんに聞いて下さいね。)

※引き続き、11月3日から11月29日は地下鉄丸の内駅でもノートと写真展示をします。
こちらもお楽しみに。    (広報担当 保護者)


9月29日は古くからヨーロッパで大天使ミカエルの祝祭日とされています。BlogPaint
ミカエルというのは悪の象徴の竜を倒した天使で、
人間の心に勇気を与えてくれると言われています。
学園でも9月28日に2、3年生による聖ゲオルギウスの劇が催され、劇の後には日頃の感謝を込めて氏神さまへ参拝するという形でこの日をお祝いしました。

さて、3年生の娘を持つ私はやはりドキドキしますね。
一度練習を見てしまったので、ドキドキも人一倍です。
「台詞ちゃんと覚えたのかしら?」
「みんなに聞こえるくらいの声が出せるかしら?」
こちらの心配をよそに家では練習する気配もなく、
声を掛けても「まあねぇ」と余裕の娘。

そして当日の劇では、私の心配を大きく裏切り、
驚くほど立派な姿を見せてくれました。どの子も凛々しく、その美しい姿に心を打たれました。
いつの間にこんなにたくましくなったんだろう。いつからこんな顔つきをしていたんだろう。
私の知っている娘ではなく、私を超えて自分自身の道を歩きはじめようとしている娘の姿を感じました。

「ミカエルよ わたしに勇気と力を与えたまえ!」ゲオルギウスは竜を倒し街に平和が戻ります。
竜は焼かれ「光の玉」となり街を守る存在となります。
子どもたちよ、この先どんな困難に出会っても一つ一つ克服し
自らの糧となる光の玉を手に入れ成長できると信じていますよ!

劇後の茶話会では、どこか晴々とすっきりとした表情をしていた2、3年生です。
本当にいつの間にこんなに大きくなっちゃったんだろう...
誇らしい気持ちと、少し寂しい気持ちが綯い交ぜになりながらも、
子どもたちに勇気をもらった一日でした。
                                   (3年生保護者)


Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.