1-10


先日、久しぶりに夫婦そろって、

高等部の娘のオイリュトミー発表を見てきました。



前回からほぼ一年ぶりの貴重な機会です。


今回は9年生、10・11年生の発表でした。



9年生は、百人一首の句からアレンジした創作物語に

オイリュトミーを合わせて動く内容。


1-15


コミカルな表現や動きがふんだんで、

自分が考えていたオイリュトミーの枠を超えていました。


1-36



例えば、キレキレの紫式部先輩という語りに

合わせた動きがあったり。


1-52


ティーンエイジャーらしい演出でした。




普段はおとなしいイメージの9年生とは

違う雰囲気で楽しませてもらいました。

1-70

1-81



次は10,11年生。




衣装も動きも内容も、ぐっと大人びた印象。


クラシックの名曲を奏でるピアノの伴奏に合わせ、

時折、力強く手や足を打ち鳴らし、切れのあるシャープな動き。


1-114


11年生は青、10年生は赤の薄いベールを羽織り、

いつものクライトとは違い凛々しい姿も相まって、

一年前の記憶はあいまいながら、

どの子も表現力が伸び、成長した印象を受けました。

1-126

1-135

1-146



最後は、ご指導いただいている秦先生の登場。




足の先からつま先まで全身で美しく表現する力に圧巻。

時間があっという間でした。




オイリュトミーをなかなか理解できないでいますが、

今回の発表で自己を表現する、他者と繋がる、

その力をつけていく子どもたちの姿を

見せてもらえた機会となりました。

(10年生保護者)
「撮影が行われたリハーサル風景より」

1-159
1-156
2022. 2/20
第2回「おはなしと手仕事 ことり」
(対象:未就学児の保護者さん)
詳細とお申込みはこちら


※蔓延防止対策の状況を考慮し、開催中止といたします※

またの機会にご一緒できることを願っております
LINE_ALBUM_20211121ことり_220118_4

毛糸や羊毛を使った小さな手仕事をしながら
幼児期の子どもたちに大切なこと、
日々の暮らしのことなど、教員、
在学保護者と一緒にお話しませんか?

説明会や見学会とはまた違った雰囲気で、
学園に関するご質問やご相談を
していただける場でもあります。

手仕事の経験がない方も
ぜひお気軽にご参加ください。


日時::2月20日(日)10:00~11:30

詳細は文末をご覧ください。



第1回目にご参加くださった方々の声を紹介いたします。

●シュタイナー教育を子どもに受けさせたいなと思いました。
とても魅力を感じます。(Mさん)


●編み物は苦手でしたが、教えて頂いて
思ってたより簡単に出来たので嬉しかったです。
この学園の雰囲気を体験でき、
楽しい時間となりました。(Sさん)

LINE_ALBUM_20211121ことり_220118_1


●初めて手のゆびを使って編物をしましたが、
こびとさんとリスさんのお話で
説明していただき楽しく編めました。

子どもともやってみたいと思います。
また、手仕事をしながら学園のことを
知ることができて、とても良かったです。

シュタイナー教育をより深く知りたい
と思いました。(Hさん)

・・・


対象:未就学のお子さん(3~5歳)
をお持ちの保護者の方


定員:各回8名様  
※定員に達し次第〆切ります

託児のご用意はありませんのでご了承ください※


 

参加費:1500円(一般)1000円(NPO会員)

(お釣りのないように、当日お持ちください)


 

■会場:愛知シュタイナー学園 

愛知県日進市折戸町笠寺山42-13

※駐車場の詳細については、
お申し込みの方に別途ご連絡いたします。


 

■お申込み方法:下記フォームよりお申込みください。

 お申込みフォーム


※お申し込み締め切り

2回目 2022年2月16日(水)



ブログ掲載用 ことり 表 最終稿


0297_originalr
〈お写真は過去に開催した学期祭のものになります〉
12月10日に、2学期の学期祭が行われました。
4月に本学園に転校した息子と親の私にとっては、今回が2回目の参加となりました。
学期祭にはじめて参加したのは7月。 「緊張した表情を浮かべる子どもたちや、キリッとした先生方の姿が見られるのかな」と想像しての出席でした。
しかし、これはいい意味で裏切られ、そこには変に力の入っていない(=作り込まれていない)、子どもたち、そして先生方の姿がありました。 
普段の授業の様子を垣間見ているようで、大変微笑ましく観させて頂きました。
子どもたちのありのままの姿が見られるのは、 「子どもたちが『学期祭』という特別な日に向けて練習を重ねているのではなく、きっと、日々の積み重ねの中で、子どもたちが習得した学びを『学期祭』で特別に披露してくれているに過ぎないからなのだろうな」

と深く納得したこともあり、今回もどんな「素」の姿が観れるのか、ワクワクした気持ちで学園に向いました。
当日は、1年生から12年生の各学年・クラスによる、韓国語や英語でのプレゼンテーション(歌や劇、絵と言葉による家族紹介など)や、縦笛など楽器の演奏、そして複数の学年による合唱やアンサンブルが披露されました。
自然体で、生き生きと学びを披露する子どもたちはエネルギーに溢れ、奏でる歌声や楽器の音色に、大人の表情が自然と穏やかになっていくのを感じました。
また、会場の空気が温かく包まれていく様子は、とても心地良いもので、終わってからもしばらく余韻に浸っておりました。
今回、特に印象的だったのは、前回の学期祭で緊張気味な表情を見せていた4月入学の1年生、そして 転入生の息子の表情が、大きく変化していた事でした。
韓国語や英語で先生と子どもたちが掛け合う姿は安心と喜びに満ちていて、自信に溢れた表情が、特別に眩しく感じられました。
次の学期祭でもきっと、一回り、二回りも成長した子どもたちと出会えるのだろうなと、今から楽しみです。


1年後、2年後、3年後…、10年後と、息子がどんな成長を遂げていくのか、想像も膨らみます。

(2年生保護者)
2022. 1/8
学園説明会(入学説明会)
2022年度新一年生入学希望の方、
転入希望の方 教育にご興味のある方
詳細とお申込みはこちら


2022. 1/9  残席1(2021.12.31現在)
大人のための体験授業 第2回
エポック授業
「分数ってむずかしい?」 
4、5年算数
詳細とお申込みはこちら


2022. 1/23
オイリュトミー講座
(7年生以上のオイリュトミー体験とお話)
詳細とお申込みはこちら


2022. 2/20
第2回「おはなしと手仕事 ことり」
(対象:未就学児の保護者さん)
詳細とお申込みはこちら
Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.