6D9DEAC3-4A4A-4613-833A-13169CF7F872早いもので3月に入りました。

ついこの間入学したばかりだと思っていた1年生も
もうすぐ2年生です。
「新しい1年生楽しみなんだ~」と
新入生を心待ちにしているようです。

新校舎の工事も進んでいます。
重機が入り学園の子どもたちは興味深々です。

facebookでもお知らせしていますが
このたび、新校舎ご寄付のお願いのページが出来上がりました。
http://aichi-steiner.org/donation/
新しくクレジットカード決済も可能になりました。
ぜひご覧ください。

(新校舎プロジェクト担当 保護者)

218D0517-CB7F-47E8-B3CF-92616A469F55弾け飛んだ高等部の笑顔に、しみじみと感じたオジサンの感想です。

『ミニミニ文化祭』という学園では初めての試み、
というか学園が主体ではなくて、あくまでも生徒たちが作り上げる
お祭りということで、普段行事の度にあれこれと準備をバタバタ、
ワナワナしている私のような新米保護者にとっては、ホントに
肩の力を抜いて参加できたイベントでもありました。
 
いわゆる『三太郎』を題材にした“新喜劇(?)“で笑いあり、
『あいちゅん』というインフレのような大量通貨が飛び交う
模擬店の大賑わい。
そして〆には上級生のコーラスとアンサンブルという上質な“デザート”で
お腹いっぱいにするというフルコースを、文字通り上げ膳据え膳で
堪能させていただきました。
「ごちそうさま!!」

2A4EDE0E-B525-4407-8327-DE55F96F3852考えてみれば、7,8年生は11月のシェイクスピア劇で度胸が付き、
9,10年生は夏休みに参加した高等部交流会での
経験を活かして文化祭を企画し作り上げ、
ともに盛り上げた5,6年生がそれを感じる。
 
それぞれのステージで学んだり感じてきたことが、
全てつながり点が線へ、そして形になり、具体化していく・・・
これこそがこの学園での学びのダイナミズムなのかもしれないと
感じたミニミニ文化祭。
ですが大人がうんちくたれて小難しく考えるよりも、
結局は彼らの笑顔がその答えなんだって思うことにしたオッサンなのでした。

 来年はそんなエネルギーをもらった大人たちが、
少しでも子どもたちのために還元できて
「ミニミニ」をせめて「ミニ」1つくらいにできるような環境を
作ってあげられるよう、頑張らねば!と思った人!!
「はーーーーい!!」

(1年生 保護者父)

5E0892F9-4CF4-411E-BF24-5622C7A922D94年生の建てた家には、立派な石窯があります。

冬休み前には、
家づくりをご指導いただいた中村棟梁や木こりさんに、
窯の使い方をご指導いただくと共に試運転を行いました。
フォカッチャを焼いて、焼き芋も作りました。
他のクラスにも配りとても喜ばれました。

そして、いよいよ自分たちだけで
窯開きを行うことになりました。

今回ピザを焼こう!と決め、子どもたちと共に
お父さんたちは火おこし、お母さんたちはピザの準備を
手分けして始めます。

窯の準備が完了し、焼き始めます。
焼きたてピザの美味しさと言ったら!
たくさん焼いたピザも
子どもたちは、あっという間にペロリと食べ
「おいしかった!」
「もうお腹いっぱ~い!」と
大満足の様子でした。

大人たちはと言うと、
「次回の火おこしは…」
「次はダッチオーブンで…」と
すっかり石窯に魅了されていました。

美味しいピザをいただきながら、
笑顔あふれる良い時間でした。

4年生が大きくなり、
火おこしから、ピザの生地づくりまで担える日も、
そう遠くないでしょう。
公開行事などで、皆さまに焼きたてをお届けできる日を、
どうぞお楽しみに!

(4年生 保護者)
Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.