3月10日の学期祭に参加しました。
年に3回ある学期祭ですが、1〜12年生まで、 日々の学びを保護者にお披露目する日であり、 保護者は子どもたちの成長を実感できる日です。
最初は、7年生の狂言。 限られた稽古期間の中、狂言ならではの節回しで、 長い台詞も演じる7年生の姿を頼もしく感じました。 笑いもあり、帰宅した我が子は「あのシーンが面白かったよね」と 楽しそうに7年生の真似をしていました。
次は、1年生。 入学したばかりの4月はみんな緊張していたのに、 今ではすっかり8人全員が仲良し。 楽しそうにお手玉や手遊び歌などを披露してくれました。
2、3年生は、元気いっぱいにわらべ歌に合わせて、 飛んで跳ねてエネルギーいっぱいでした。 見ている保護者も自然と笑顔になりました。
4年生は、イタリアの「ハサミ研ぎ」という歌にあわせ、 歌いながら隊形移動。 先生を含めた8人が見事な連携で、 最後の決めポーズもカッコ良く、拍手喝采でした。
5年生と6年生の歌とジャグリングは、 お手玉3つを軽々とこなす姿、 時折、足の下を通してお手玉をする姿に本当に驚きました。
9年生はギター伴奏に合わせて「Heal The World」を披露。 女子の優しく澄み切った歌声で、 男性が歌うのとはまた違った味わいがあり素敵でした。
12年生は、東京賢治の学校で合同演奏した ベートーヴェンの「運命」を披露。 演奏準備の間、卒業公演についてや、 取り組んでいるSDGsの話をしてくれました。 12年間の集大成として、 社会に羽ばたく準備をしているのだなぁと、 頼もしく感じました。
今年度の最後の学期祭ということもあり、 感慨深いものがありました。 我が子が憧れているあの子はがんばっているかなぁ なんていう思いも持ちながら楽しめた学期祭でした。
(1年生保護者) ・・今後の開催イベント・・ ・5/7(土)学園見学会 ・6/4(土)学園説明会(入学説明会)

*詳細や募集については決まり次第、ホームページに掲載いたします。

273111532_2920697601486067_3189057403798864502_n
先日、12年生の卒業プロジェクト発表会に

参加させていただきました。
卒業プロジェクトについては
授業でお世話になった
北海道や京田辺の先生とも相談しながら、
早くから取り組んでいたそうです。
273023058_2920698018152692_2999119596262081246_n


でも、3人ともなかなかうまくは進まず、 大まかなテーマは決まりつつも 今回の形にたどり着くまでに 悪戦苦闘したことを発表中に 打ち明けていました。
どの発表も、それぞれに素晴らしく、 細かいところまで紹介すると 長くなってしまうので控えますが、 3人に共通して言えるのは、 卒業プロジェクトを通して 「自分というものに深く出会った」 ということだと思います。
273032647_2920698238152670_3302869348865389542_n
「アニメ制作」に取り組んだ、 一人目の発表者は 相談した他校の先生に 「今まで本気で何かをやったこと 無いんじゃないの?」と ダメだしされてしまいますが、 そんな自分を見つめ、 「今回は本気でやってやろう」 と決意したそうです。 メインの作品として制作した作品の題材は、 自分の中で未消化で残っていた重たい記憶を選び、 そうすることで自分の深いところと 向き合うことができたようです。 もっと気楽な題材を選ぶことだって できたかも知れないのに、、、。

漠然と「アニメが好きだ」と 思っていたところから、実際に作ってみて、 好きな工程、嫌いな工程があることが分かり、 そして「自分はもとあるものに『工夫』をすることが好きだ、 ということを卒プロの過程で気づけた」と言っていました。
273130519_2920698518152642_4149077999392489955_n
二人目の発表者は、 自分の好きな画家の絵の模写を使った 「お菓子の包装デザイン」に取り組みました。 ケーキの箱と2種のクッキーが入った 小ぶりなクッキー缶に模写した絵が貼り付けてあります。 すごく細かいところまで描き込まれていて、 優美で豪華な印象を受けます。
もともと自分というものが 自分でもよく分からない性格とのことで、 今回の発表に辿り着くまでのプロセスは まさに彼女の「心の旅」を聞いているようでした。
自分のことを理解できないでは、 相手にも何も伝えることができない。 だから一生懸命自分を見つめたそうです。
そして発見した、自分へ、 そして他者にも伝えたいメッセージは 「自分をしっかり持つ」だったそうです。
オリジナルの絵ではなく、 模写で表現する方が自分には合っている、 ということにも途中で気付きました。 模写の絵の選択、組み合わせの一つ一つには 彼女の心の中の発見や想いからなされているんだと知って、 逆にオリジナルの絵で作品を作るより 難しいことを成し遂げんたんじゃないかと 唸ってしまいました。
273114193_2920698798152614_8810811824664452269_n
三人目は食事という行為、 作る人と食べる人の間にあるコミュニケーションがテーマで、 作る人が食べてくれる人にどれだけ寄り添えるのか?と いうことを検証していました。 ご飯やお菓子を作ることも、食べることも好きな彼女は、 大きく「食」ということは決まっていても その枠の中で何度もテーマ変更したそうです。 苦労して彼女が選んだテーマと発表からは、 忙しすぎて他者が見えなくなっている この時代にもう一度よく考えるべきことを 思春期の女の子らしい繊細な感受性を通して 気づかされたような気がしました。
273143904_2920698674819293_6414158100895236862_n
彼女もまたこの発表の準備を通して たくさんの自分に出会ったそうです。
卒業プロジェクトの目的が「自分と向き合う」 「自分を発見する」ことであるとすれば、
3人とも十二分にその目的を果たしたのだと思います。 私もまた刺激を受け、何か新しいことに 挑戦したくなってしまいました!
(4・6年生 保護者)
272891500_2920699004819260_7579859659707025872_n
273115643_2920699198152574_1495610917599580560_n
273136530_2920699208152573_5098998360772799916_n

LINE_ALBUM_20220123 オイリュトミー講座_220215_11

1月23日、影島清惠先生による
「オイリュトミー体験とお話会」が行われました。

参加された皆さまの感想をご紹介します。

LINE_ALBUM_20220123 オイリュトミー講座_220215_3


●オイリュトミー初体験でした。

1つ1つの動きに深い意味があり、
大変興味深かったです。

普段意識できていないところに
意識を向ける機会をいただき、
とても大切なことだと気づきました。

LINE_ALBUM_20220123 オイリュトミー講座_220215_4

●普段の自分が小さな世界しか
感じていなかったことに気づきました。

五感をフルに使い、体験後は
体が拡がった感覚になっています。

動きと音でエネルギーの流れが
変化するおもしろさと、
すべて自分軸で創造できることが
新しい体験でした。

LINE_ALBUM_20220123 オイリュトミー講座_220215_16

●日々忘れがちな呼吸や、後ろの世界を
思い出すことができて楽しかったです。

LINE_ALBUM_20220123 オイリュトミー講座_220215_24

●普段、意識が周りに向きがちで、
自分の中心がブレてしまうことがあります。

まずは自分の中心をしっかりさせ、
その上で周囲を感じることが大切だと気づきました。

LINE_ALBUM_20220123 オイリュトミー講座_220215_19

●自分と他者、短調と長調など、
さまざまなコントラストで
自分や世界が成り立っていることを
体感できました。


影島先生のユーモアあふれるお人柄
とエネルギーに触れることができ、
楽しく心地よい時間でした。

LINE_ALBUM_20220123 オイリュトミー講座_220215_2


●「生活の中にないことはやらない」と
いう先生の言葉がストンと入ってきました。

人との関わりにも生かせることが
たくさん含まれているなと思いました。


●オイリュトミーが、自分をしっかりと
持つことを大切にしていると知りました。

自分と他者のつながりを子どもたちが
無意識的に感じ、自分の中に落とし込んでいける
すばらしいものなのだと発見できました。

・・・

今後の公開行事


2022. 2/20
第2回「おはなしと手仕事 ことり」残席5
(対象:未就学児の保護者さん)
詳細とお申込みはこちら



Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.