おこしもの作り
3月1日に1年生から3年生でおこしものを作りました。 公式Facebookページより
155521495_2689749187914244_4223999966258665388_o













155284513_2689748867914276_1345829896004587074_o















155777703_2689749147914248_198158700601930253_o



















155525018_2689748891247607_133560314698993840_o






































156080988_2689749234580906_7763178788461945838_o














156092772_2689749177914245_586774903990635805_o















155235829_2689749261247570_8293677927970764443_o

158463494_5175360779205003_4597664443531182785_n
1月24日、シュタイナー研究家の森章吾先生の 保護者向け講座「はじめてのアントロポゾフィー」が 開催されました。森先生は高等部の外部講師として 「骨学」や「天文学」などの授業をしてくださっています。

ルドルフ・シュタイナーが提唱した 「アントロポゾフィー(人智学)」は、 ヨーロッパを発祥に世界的に広がり、 教育、建築、芸術、医療などの分野にまで 幅広く影響をもたらしました。

シュタイナー教育の礎となっている思想です。 講座の中で、 森先生の授業の一つである「骨学」より 心に残る興味深いお話がありました。

「赤ちゃんには”土踏まず”がありません。 体重が増えて重くなるのに、成長に伴い、 土踏まずが出来てくるのです。 これは、体にかかる負荷に対し 【対抗しようとする力】です。
人は重さに打ち勝つ力を備えているのです。 つまり、人間には、より成長したいという ”向上心”が備わっているということです」
144027811_2668985523323944_2661908790946938280_o




















(*こちらの写真は高等部の授業中に撮影したものです)

シュタイナー教育は一つひとつの授業が どれも芸術的で、 子どもたちが授業で作っていく 「エポックノート」、 先生方の「黒板画」や「教室の設え」、 また学期祭で子どもたちの学びの発表を 目にするたびに、その美しさに感動します。

これは、 シュタイナー教育の根底に、 人間の素晴らしさや命の尊さがあることを 教えてくださっているからではないかと 思いました。

今回、アントロポゾフィーについて学ぶことで、 子どもたちが普段学んでいる教育の背景を さわりではありますが、知ることができました。

森章吾先生に、大変面白く、貴重な講座を していただけたことに心より感謝しています。 (1年生・3年生保護者)

Facebookページから。 6年生の3学期外部活動として「資源ごみ」 について学んでいます。 学園の近くに「日進エコステーション 」通称「エコドーム があります。 市民の方々が持ち込んでくださった資源ごみを、リサイクルして再利用する素晴しい取り組みが行われています。 6年生の彼らにとって良い見学ができました。

6年
























150594695_2682836321938864_4747838551767242667_o




























*現在、学童指導員さんを募集しております。  面接の前の見学も可能です。お気軽にお問合せやご連絡を下さい。詳細はこちら

*Instagramはこちら
Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.