2018gekiK2年前、現高等部の子どもたちが学園初の7,8年劇を一般公開しました。
劇を通じて一段と成長した子どもたちは高等部へと進み
更なる学びを深めています。
続く、現7,8年生も学園創立以来2回目となる
7,8年生劇の一般公開を行います。

劇中ではオリジナル曲によるチェロ、ヴァイオリンの合奏、
オイリュトミーの演出など、
学園での日頃の学びを総合的に見ていただけます。
会場で子どもたちの作品も展示します。
また保護者の手作り品なども販売予定です。

土日に3回公演します。是非、ご家族でお出かけください。
皆さまのお越しをお待ちしております。

詳しくはこちら→7,8年生劇チラシ
会場の説明はこちら→会場について

【演目】
「十二夜」ウイリアム・シェイクスピア作

【日時】
1回目・2018年11月10日(土) 9:30開場 10:00開演
2回目・2018年11月11日(日) 9:30開場 10:00開演
3回目・2018年11月11日(日) 14:00開場 14:30開演
 (上演予定時間90分前後)

【料金】
 無料 (カンパ歓迎します)

【予約】
 不要です。直接、会場にお越しください。
 年長児から観劇可能です。

【場所】
 ナビロフト
  名古屋市天白区井口二丁目 902 TEL/FAX:052-807-2540
 *地下鉄鶴舞線原駅より徒歩7分
 *お客様用駐車場はございません。
  公共交通機関のご利用、または、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

【主催・問合せ先】 
 認定NPO法人愛知シュタイナー学園 0561-76-3713

697C832E-A2B5-459F-9F33-7685C24B00CB今年度2回目の「学園説明会」を今週の土曜日に開催します。

2019年度の入学、または転入をお考えの方は、
お申し込みをお急ぎください。

学園説明会の詳しいチラシはこちら→入学・転入説明会チラシ

2018年10月27日(土)
【A】 9:30~11:30
「シュタイナー教育とそのカリキュラムについて」
 授業の特徴やその背景をご説明し、
 授業の一部を体験していただきます。
 脱げにくい上履き、動きやすい服装でお越しください。

【B】13:00~15:00
「シュタイナー学園と保護者の関わり」
 運営や学費、学園生活について、在校生の保護者がお話します。

※できる限りご両親でご参加ください。
※保護者向けの説明会です。お子様の参加はできません。

2019年度の入学、または転入をお考えの方は
【A】【B】両方にご参加の上、面談をお申し込みください。
【B】終了後に、願書の販売があります(1部500円)

会場:NPO法人 愛知シュタイナー学園
     〒470-0115 日進市折戸町笠寺山42-13  TEL 0561-76-3713
参加費:1家庭 1,000円
定員:16家庭 

午前の休憩時間には高等部生徒による弦楽演奏があります。
また、学園のお母さんたち手作りの美味しいお菓子や軽食の販売もあります。 

⚫︎申し込み方法
受付Eメールアドレス
info@aichi-steiner.orgまで下記項目をご記入いただき、お申込みください。
申し込み締切りは、10月23日(火)です。
⚪︎参加者お名前(ふりがな)
⚪︎ご連絡先
  ・住所・電話番号・携帯電話・Eメールアドレス
⚪︎お子様のお名前、性別、年齢(学年)
⚪︎当日の託児希望の有無
  ・託児を希望されるお子さま全員分のお名前、性別、年齢(学年)
  ・アレルギー等、託児において配慮する点があればお書きください

⚫︎託児について
お子様の同伴はできません。
託児を用意しておりますので、必要な方は説明会申し込みのメールにその旨ご記入ください。

対象:2歳以上・おむつのとれたお子さま
定員:5名ほど(先着順)
費用:おひとり 500円
持ち物:水筒とおやつを各自ご持参ください
申し込み締め切り:参加申し込み締め切りと同じ
 ※締切日以降のキャンセルは託児費用をいただきます。ご了承ください。

〇お車で来場予定の方
 日進市民会館の臨時駐車場Eをお借りしました。
 その他の場所へは停めないようにお願いします。
 駐車場についての詳しい地図はこちら→日進市民会館駐車場

お申し込みをお待ちしております。
              (説明会担当 保護者)

E55BABC3-A91B-4183-BEE3-63BF0FB3ED529月のおわりに、学園では毎年ミカエル祭という祝祭を行います。
創立祭の意味あいを持つこの季節の行事で、
昨年、3年生の子どもたちが
悪である竜を退治する劇を行いました。
今年は4年生になったその子たちが日本の古事記を学び、
国生みのお話やおろちを退治するという劇に取り組みました。
劇中では、一人一人に台詞と動きもあり、
いろいろな学びからの総合的なことが必要とされるなか、
子どもたちはそれぞれの成長においての課題も、
その役のなかで見事に乗り越えていったようでした。
そのような、生きた学びをさせていただいていることに感謝ばかりです。
これからも、子どもたちが生き生きと学び、
たくましく成長していけるよう、親として支えていければと思います。
(4年生 保護者)
Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.