3年生と4年生は、春から畑仕事に米づくりと「暮らし」に関わる授業をしています。
9歳ごろの子どもたちは、内面の成長の過程で不安や孤独を感じます。
そんな時期のこの「暮らし」の学びは、自らが立つこの地上と新たな関係を築き、
しっかりと地に足をつけて生きていく助けとなります。

そこで、畑でサツマイモと大豆を育ててきました。
大豆の畝づくりや種まきは日進野菜塾さんにご指導して頂き、先月無事収穫をしました。
「豆腐にしよう!」「味噌つくろう!」など、大豆を何に変身させようかと、子どもたちもワクワクしています。
収穫したサツマイモは、2株だけサツマイモチップスにして学園のみんなにふるまいました。
そのあとは算数の授業で重さを量り、学園のみんなや先生方に均等に渡るよう計算して
それぞれ家に持ち帰りました。
少し残った分は、また調理実習をしてみんなにふるまいます。

お米は以前ブログでもご紹介した通り、稲をはざかけにしていました。BlogPaint
それをはじめは手で稲から籾を外していきました。子どもたちにとっては未知の世界。「おおっ!」とあちこちから声が漏れます。プチプチとどんどん稲穂から籾が外れていきました。
少したってから、『こきばし』や『千歯こき』の話をし、割り箸と輪ゴムで即席『こきばし』を使った脱穀をやって見せると、また「おおっ!」と声があがりました。早速子どもたちも挑戦。「すごーい!」「たのしーい!」「もうこんなに取れたよ!」と大喜びで脱穀が進んでいきました。
お掃除のときは、床に落ちたたくさんの籾とゴミやもみ殻を分けるのに、
一粒ずつ一生懸命つまんで取っていましたが、「籾はもみ殻より重いから、ふ~って吹いたら籾だけが残るよ」と言うと、あちこちでふ~ふ~と吹き始めて、また「おおっ!」「おもしろ~い!」の声。


子どもたちの感動する力は本当にかけがえのない宝物です。
そんな子どもたちから私が感動をもらう毎日です。

(3,4年生 担任)


 たくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。
 事前登録、ご入金を済まされた方が50名となりましたので、受付を締め切らせていただきます。

 託児も30名以上のお子さんをお受けしましたので、
 2歳児と3歳以上で2部屋に分かれ、さらに別会場もお借りしての託児となりました。
 当日は、水筒と必要なかたは替えおむつをお持ちになり、
 9時45分までにご来場ください。BlogPaint
 はじめての場所での託児となるお子さんも多いことと思います。
 お子さんもお母さんも落ち着いた気持ちで会が始められますよう、
 ご協力をよろしくお願いいたします。

 寒くなってまいりました。
 会場は熱気に溢れることと思いますが、
 どうぞ足許は暖かくしてお越し下さい。
 当日たくさんの皆様にお目にかかれるのを
 楽しみにお待ちしています。
 

12月8日(土)の入間カイ氏特別講演会は、多数の事前登録をいただき、定員まであとわずかです。
 お申込み、お急ぎください。

 小学部のファックス不調の日があり、送信完了されていても、受信できていなかった方がある可能性があります。
 誠に申し訳ありませんが、受け付けましたというお知らせを受けとられていない方がありましたら、
 小学部までご連絡くださいますよう、お願いいたします。
Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.