現代を問い続け、教育、医療など広い視野で発信を続ける入間カイさんをお招きし、放射能の問題にも触れていただきつつ、現代の日本で子ども時代を過ごす子どもたちのためにできることを学びたいと思います。


入間カイ氏 特別講演会

   現代の幼児の環境を考える
      ~子どもが自分らしく育つ環境とは~      (PDFファイルはこちら

 育児・教育には、昔も今も変わらず大切なことと、いま、この時代に特に意識しなければならないことがあります。子どもが自分らしく育つために、親や教育者は何をすればよいのでしょう。現代という時代をどうとらえ、子どもが自分らしく育つ環境を、どのように守り、整えていけばよいのでしょう。


  ~講師プロフィール~  入間 カイimage
 鎌倉市生まれ。幼少時をドイツで過ごす。 中学・高校時代に不登校を経験し、ドイツ、 イギリス、アメリカのシュタイナー学校に留学。 上智大学比較文化学科で政治学を学んだ後、 フリーの通訳・翻訳業。 現在、那須みふじ幼稚園園長、 日本シュタイナー幼児教育協会代表、 ゲーテアヌム医学セクション外部研究員。 主な著訳書に 『三月うさぎのティータイム』(南方新社)、 『これからのシュタイナー幼児教育』(春秋社)、 『小児科診察室』(グレックラー/ゲーベル共著、水声社) など。

   日 時 :2012年 12月 8日(土) 10:00~12:00
   場 所 :やまさと保育園 (地図) 2階 和の部屋
   定 員 :50名
   参加費 :当 日 2500円
      事前登録 2000円 (12月3日までにお申込み受付のかた)
   下記申込書にてFAXまたはメールでお申し込みください。
   受付後に振込をお願いします。
   託 児 :500円/1人 (定員 3歳以上 15名  2歳 10名)
      託児申込締切 12月3日

   主催:NPO法人 愛知シュタイナー学園
   後援:やまさと保育園・NPO法人 うめの森ヴァルドルフ子ども園



続きを読む

本日の秋祭りには
たくさんの方にご来場いただき、ほんとうにありがとうございました。

天候にも恵まれてさわやかな秋晴れの下、DSC_5660
学園には子どもたちの明るい声がひびきました。

オープニングの6年生による祝い太鼓、
習い始めのつたない音のうちから
聞こえていたご近所のかたがたも見に来てくださり、
口上も身振りもぴったり息のあった演技に
喝采を送ってくださいました。
どっしり腰を据えて大地をふみしめ、
腹の底から声を出し、
脈打つリズムに鋭く合いの手を入れて
躍動する姿には命の力強さがあふれていました。




続きを読む

秋祭り、いよいよ14日の日曜日、直前情報です。IMG_0326


学園の入り口には、
子どもたちが学童の時間に
小枝やどんぐりで手作りした
看板が架けられました。
もっと大きな看板は
ただ今6年生が彫塑の時間に制作中ですが、
それまでこのかわいい看板が目印です。

3,4年生は、春から田んぼでお米を育ててきました。
先週は、鎌の使い方やはざかけの仕方を教えて頂き、
1人1つずつ鎌を持って稲刈りをしました。
学園にも少し持ち帰り、いまテラスではざかけをしています。
子どもたちはこれから自分たちで昔ながらの方法で脱穀していきますが、
米作りの指導をして下さった真野さんが
脱穀して玄米にして5キロの袋に入れて下さったものを少しですが秋祭りで売ります!
ラベルに「愛知シュタイナー学園 3・4年生」と書かれた玄米。
ぜひお買い求めくださいね!

6年生は、オープニングに和太鼓を演奏します!
2学期からバチを持つところより始めた和太鼓、
ご指導下さったのは、和太鼓ユニット光(KOH)の羽田さんです。
赤いたすき姿も凛々しい6年生の祝い太鼓、お見逃しなく! 
10:40  テラスです。

続きを読む
Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.