BlogPaint3月の始め、三学期の学期祭が行われました。
今年度最後の学期祭、
どのクラスもまとまりが出てきて見応えがありました。

まずはノートや手仕事品の展示で
子どもたち一年の成長を見せてもらいました。
同じエポックを受けて一年を通じて積み重ねられた学びですが
それぞれの個性と真剣さが出ていてどれも美しい!と感じました。

次に実際の子どもたちの様子を
英語の寸劇、歌、韓国語などの発表を通してみました。
子どもたちみんながその子なりに一生懸命表現する姿に
今回も胸が熱くなります。
特に劇を経験した7、8年生の姿が
ぐっと一段階飛躍して大きく成長したように感じられました。


最後は4年生以上の子どもたちによる
バイオリンとチェロの合奏で締めくくり。
いくつものパートから奏でるカノンの美しい調べに
来年度の子どもたちの成長した姿が見られるのが益々楽しみになりました。

               (5年生 保護者)

3月1日に、7・8年生劇「ナルニア国物語・ライオンと魔女」が終演しました。
BlogPaint
100名近くの方にお越しいただきました。
雨の中、東郷町までお越し下さった皆様
ありがとうございました。

18時30分開演の為か
1回目の昼間の公演に比べて、大人の方が多く見に来られました。
その中には、
「1回目の公演の完成度の高さに感動して、子ども達も連れてきました。」
と親子で来て下さる方がいて、とてもうれしく思いました。

さて、2回目の公演「ナルニア国物語・ライオンと魔女」は
1回目の公演でわかった改善点が、細かい所まで多く変更されていて、
なか一日で、よくぞここまで持ってきたものだと感心しました。

7・8年生はお互いに意見を出し合い、
本番前ぎりぎりまで話し合ったそうです。
だからでしょうか。
この日は6人ともが、自信に溢れて演じていたように見えました。

最後の役名紹介では、
晴れ晴れとした表情で「楽しかったです」
と、口々に言っていました。

子ども達を信じ、ここまで高めて来て下さった大場先生を始め、
担任の原先生、学園のすべての先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

はぁ~、ついに終わってしまいました~。
親の方が「劇LOSS」になりそうです。


愛知シュタイナー学園、初の7・8年生劇が、この先のこの学園の力となりますように。

皆様、本当にありがとうございました。
            (7年生 保護者)

BlogPaint半年以上前から取り組んできた7・8年生劇
「ナルニア国物語・ライオンと魔女」
の上演が、いよいよ今週の火曜日に迫ってきました。
練習も大詰めです。

2月28日と3月2日の2回の公演で
6人の生徒が1人も欠けることなく
演じ切れますように。

是非見にいらしてください。

詳しいチラシは こちら

【日時】

・2017年2月28日(火) 9:30開場 10:00開演
・2017年3月 2日(木)18:00開場 18:30開演
  (上演予定時間80分前後)

【料金】
 無料 (カンパ歓迎します)

【予約】
 不要です。直接、会場にお越しください。

【お子様づれ】
 年長児から観劇可能です。

【場所】
 いこまい館 多目的室

愛知県東郷町大字春木字西羽根穴2225-4
   (東郷町役場東隣)

【主催・問合せ先】 
NPO法人愛知シュタイナー学園小・中学部
         0561-76-3713

        
            (7年生 保護者)
Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.