339D27C7-B259-4419-8AAD-EA1DE8BCD207昨年末の12月22日(日)にクリスマス前ということで、
学園「生誕劇」が行われました。
お正月も終わったというのに未だにクリスマスの話をしてすみません…。

この時期での生誕劇といえばおそらくピンとくる方も多いと思いますが、
いわゆるイエス・キリスト降誕にまつわる話で、
福音書に書かれた内容を基にした舞台劇です。
イエスを身籠ったマリアとヨゼフがユダヤの町ベツレヘムを訪れ
宿屋を探しますがなかなか泊まることができません。
唯一身を置くことのできた馬小屋でマリアがイエスを産み、
その後、大天使ガブリエルのお告げにより救い主が
この世に生を受けたことを知った3人の貧しい羊飼いが
幼子イエスの元を訪れるという内容でした。

新校舎2階のあかつきの部屋にて劇が行われ、
子どもたちと親みんなが集まって鑑賞しました。
出演者の方々の迫真の演技はもとより、
それを熱心に見入る子ども達の眼差しや
思わず湧き出る笑顔がとても印象的でした。
鑑賞後は、子どもも親もそこで感じたそれぞれの気持ちを
しっかりと胸に秘めたまま、みな静かな面持ちで学園を後にしました。

ここからは若干、個人的なコメントを・・・
恥ずかしながらこれまで、イエス・キリスト降誕にまつわる話や
当時の時代背景などをあまりよく知りませんでしたが、
ただそれだけに今回の場が改めていろいろなことを考える
良いきっかけとなりました。

生誕劇を鑑賞した子どもたちは、おそらく今は中身がよく分からなくても、
その時の思い出を朧げにでも持ち続けていく中で、
きっとそのうち物語に込められたさまざまな願いに
少しずつ気付くときが来るのでしょう。
羊飼いをとおしたその時代に生きる人々の苦しさや
イエス・キリストが馬小屋で生を受けたとされる意味、
そして物語全体に溢れ出る人間の優しさや人智を超えたものの尊さなど、
さまざまなメッセージをどうかいつの日か生きる強さに変えて、
子どもたち一人ひとりに逞しく羽ばたいていってほしいと心から願います。

寒い日が続きますが、どうか皆様お体を大事に、くれぐれもご自愛ください。
             (1年 生徒父)

C047B4C9-3798-4B29-9095-7E31E86C0B53新年、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

学園は7日から3学期が始まりました。
始まりの日には、日進市にあります白山宮へお参りに行きました。
お参りの後は、学園のお母さんたちが用意してくれた
七草がゆをいただきました。

七草がゆのお米は、3,4年生が育てて籾すりも行いました。
55453456-3C5F-4AA3-9430-760D9D5062708,9年生が育てた大根も一緒に入れて
皆でそろっていただきました。

いくつもの土鍋がすっかり空っぽになり
「私、いっぱいお代わりしたよ!」
「僕、6杯食べたよ!」
子どもたちの元気な声とともに
3学期を迎えることができました。

こうして今年の始まりも皆で集えたことに
感謝いたします。

**************
<今年度最後の学園説明会>
  1月18日(土) 9時より

今年度最後の開催となります。
受付締め切りは1月14日(火)です。
参加をご希望の方はお急ぎください。
くわしいちらしはこちら → 学園説明会ちらし

525F0226-87F6-4378-9FA7-59101A4BD6C6学園も冬休みに入りました。
早いもので2019年もあとわずかですね。
今年もご支援いただきありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

この1年を振り返ってみますと、
シュタイナー教育100周年という記念すべき年に
愛知シュタイナー学園の新校舎南棟が完成しました。
夏休みの暑い時期に、教員、保護者、子どもたちも
総出で教室づくりに励み、
2学期からは新校舎での授業もスタートしました。
私たちにとって、大きく前進できた1年でした。

来年は更なる目標である北棟建設に向けて、
学園一丸となって進んで行きたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

皆さま 良いお年をお迎えください。
       (学園関係者一同)
Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.