9月25日(日) 11:00~14:00

うめの森ヴァルドルフ子ども園
にて
オープンデイが開催されます。
詳しくはこども園のホームページへ
↓ ↓ ↓ ↓ 
http://www.umenomorikodomoen.org


子ども園のお母さんたちの
素敵な手仕事品の数々が並びます。

他にもカフェや子どもの遊びコーナー、
ライアーとお話の時間など盛りだくさん!

タンテ・ボレさんの出店もあるそうですよ。


そして、愛知シュタイナー学園の
お知らせも置かせていただいてます。


ぜひオープンデイにて楽しい
ひとときをお過ごし下さい。
                 (ブログ担当 保護者)

BlogPaint9月に入り、2学期がスタートしました。
蝉たちの大合唱も一段落。
子どもたちの元気な声が響き渡る学園です。
 
先週から、子どもたちは通常授業が始まり、
保護者には、ミヒャエラ・グレッケラーさんの講義をシェアす
勉強会が開催されました。
 
テーマは「歩く、話す、考える と、その後の成長」で、
赤ちゃんの誕生から子どもの成長についてでした。
 
印象的だったのは「子どもが十分な時間と空間の中で
行動できることが大事。
先回りして手助けしたり急かしたりせず、
自分の力で自分の体を動かす」という事でした。
我が家の子どもたちは3人です。
子どもたちが今より小さかった頃、
1番上の子どもの予定に合わせて
下の2人の着替えなども時間との戦い…。
私が手伝ってしまったり、よく「早く!」 「急いで!」と
言ってばかりだったな…と苦笑いしながら
耳を傾けました。
 
BlogPaintまた大人である私たちは、
心の静けさを持って子どもたちの話を聞くという事も
印象に残りました。
子どもたちは大人をよく見ているもので、
我が家では夕方などの忙しい時間に話し掛けられても
ついつい生返事。
「ちゃんと聞いてる~!?」と言われたり…。
大人も時間と心に余裕を持たねばと、
今回の勉強会は個人的に非常に耳が痛い内容でした。
 
勉強会では、もう1つ。
メディアについても話がありました。
メディアとは、テレビやゲーム、スマートフォンなどの映像の事です。

スマートフォンの登場により、画面を見ながらの会話や育児など
子どもたちだけではなく、大人側も変化している様です。
 
皆さんは、子どもたちの目を見て話をしていますか?
 
本当に親に向き合ってもらっているかどうかは
子どもたちが敏感に感じとることでしょう。
子どもに向き合える能力が親はもちろん、
子どもに関わるまわりの大人にもあるかどうか…。
私自身も自分に問いかけながら
多くの気づきをいただいた勉強会でした。
 
2学期は学園説明会をはじめ秋祭りもあり、
学園内ではワーキンググループのミーティングも
盛んに行われています。
子どもたちが学園に行き、授業を受け、
無事に帰宅するという当たり前だと思っている事が
とても有り難い事なのだと感謝する気持ちを忘れず
2学期も進んで行きたいと思います。
                               (ブログ担当 保護者)

夏休みもあとわずか。
学園では、週明けに保護者による草刈りが行われる予定になっています。
着々と新学期に向けての準備が進められています。

さて、先日お伝えしました
愛知シュタイナー学園 小・中学部
    2017年度 入学・転入説明会


ですが、既にたくさんのお申し込みをいただき、託児が定員に達しました。
スタッフを増やし、託児の定員を若干名増やしましたので、
託児をお考えの方はお早めにお申し込み下さい。
こちらは、申し込み締切の9月6日を前に締め切る事になりそうです。

・9月10日(土) AM9:30~11:30
  「シュタイナー教育とそのカリキュラムについて」

   授業の特徴やその背景などをご説明し、授業の一部を体験していただきます。
   脱げにくい上履き、動きやすい服装でお越しください。


・9月17日(土)AM 9:30~11:30
   「シュタイナー学園と保護者の関わり」

   運営や学費、学園生活について、在校生の保護者がお話します。


両日共に学園のお母さんたちが手作りするおいしいお菓子販売もあります。
ぜひご利用ください。


※申し込みについて
・2017年度の入学・転入をお考えの方は、両日にご参加の上、面談をお申し込みください。

・参加費、託児の申し込みなど詳しくは学園HP、又はチラシをご覧ください。
HP→http://aichi-steiner.org/
チラシ→http://aichi-steiner.org/event/2016enter.pdf

・申し込み締め切りは、9/6(火)となります。


皆さまのご参加をお待ちしております。
                 (ブログ担当 保護者)

Copyright (c) Aichi Steiner Gakuen All Rights Reserved.